医療業界の転職動向

医療業界の人材不足

昨今の日本では、医療業界全体が人材不足に陥っています。
これは、決して医師や看護師などの絶対数が減少してしまったからではありませんし、今でも多くの大学の医学部や看護学部をはじめとして各種専門学校などもたくさんあり、そのいずれもが高倍率であることが多いです。

では、なぜ医療従事者が少ないのかと言えば、それにはいくつかの理由があります。
その中の主な理由の一つとして、研修制度が以前と変わってきたことが挙げられます。

臨床研修制度は、変更以前までは大学で勉強をした後に、その大学の医局に入り、大学病院をはじめとした関連の病院で研修医として働きながら実践経験を積むというものでした。
これが、2004年に変更になると、マッチング制度と呼ばれる研修医が自分で好きな研修先を選べるようなシステムへと移行することになりました。
このことによって、必ずしも医局に入って系列病院で研修をする必要がなくなるのです。

このように聞くと聞こえはいいですが、実際にはこの制度の施行によって、深刻な人材不足に悩まされるようになります。
実は、医局の系列病院には、地方の病院も含まれており、今までは研修の期間内に様々な病院に研修に行く過程で、必ずと言っていいほど地方の病院も経験することになっていたのです。
そこで、地方の病院の雰囲気を知り、自分と合えば就職先として選ぶことが、地方の医療現場を支える人材供給源となっていたのです。

ところが、この変化のために、医学生たちは大学病院の多くある都市部に研修先を決めることがほとんどになり、医科大学がない地方では深刻な医師不足となったのです。

医療業界の人材募集

ライターこのような現状を踏まえた腕もう一度医療業界の求人について考えてみましょう。

これまでは、医局からの紹介やその中での循環勤務という形で様々な病院に人材がいきわたるようなシステムになっていました。

しかし、上記のようなマッチングシステムを取り入れるようになったことで、就職先を決めるのにも新しいシステムが必要になっているのです。

特に、これからは少子高齢化が進むことが懸念されているため、介護関係や外科関連の職種は人材が必然的に不足してくると言われています。

また、地方の場合にはそれ以外の分野でも様々な求人が現在でもあり、育児などで一度職を離れた看護師資格をお持ちの方や医師免許を取得している方は再就職する際には医局のツテではなく、ウェブの求人サイトなどを参考にしてみるとより良い条件のもとで働ける可能性があります。

また、ウェブの求人サイトも医療業界に特化したサイトもあり、地域や希望の職種、働き方などから検索することができるようになっています。
働き方も月給で決まった病院へ交代制やシフト制で就業するという方法以外にも、好きな時間を選んでおいてアルバイトとして働くこともできます。
アルバイトと言っても、その多くが高時給で福利厚生もきちんと整っているところが多いため、心配する必要はありません。

これからは、医療業界も自身のライフスタイルに合わせて働くことができる環境を整えることが求められています。
特に、一度退職をした医師や看護師が職場復帰を考えている際に、感覚を取り戻すことや経験を積むためにアルバイトを利用することができます。
ダブルワークについてもアルバイトであれば、このようなサイトで募集を探せば余裕があるときを狙って行うことができます。