雇用の状況

雇用の状況

データを見る

転職の市場は、雇用に対する全体に取り巻く問題と相関な関係にあります。
まずは全体をつかむことから始めたいので、雇用状況のデータつまりは雇用全体を浮き彫りにしている現われの部分、見方によって大きく読み違えがちです。

まず長期的な表れをを押さえておきたいため、特に買い手と売り手の需給バランスを単純にに表すのが求人の倍率を示したデータです。
バブル期のピークであった1991年卒業者の2.86倍(学生1人当たり求人数)に対して、2012年以降の卒業者では約6割減の1.23倍となっています。

また日本全体で人手不足となっているため、国家資格が必要な税理士などでも未経験でも採用する税理士事務所が増えている状態なのです。
『参考:税理士求人・転職サイト|求人一覧|会計求人プラス
需給バランスだけでいえば、1996年の金融不況と2000年のITバブル崩壊に次ぐ低さです。
しかしながら求人における総数をのぞいてみると、1991年には84万件もの数値に対して、2012年以降には56万件という−33%もの減少ぶりです。

求人の倍率−57%からすると大きく離れています。
この差にができている原因は大学生(就職を希望している学生)の増加によるものだと考えられます。
サービス業の多彩な内訳だが、ここ最近の求人における件数の動きをみてみると介護の分野、人材系、「IT・情報通信連」がけん引しています。

ITや情報・通信系

特に、IT関連職は、スマートフォン、ソーシャルアプリ、クラウドソーシング、ビッグデータ解析など、求人需要が同時多発的に増加していることもあって、就業人口の伸びが、需要の急増に対応できていない“未曾有の採用難”と言っていい状況にあります。

2012年以降も、この傾向は続くばかりか、ますます激化する様相を見せていることによりIT人材の育成は、日本の雇用政策上、重要な焦点のひとつと言ってよいでしょう。

もう1つの変化は、需要の増え方に左右されない厳し過ぎる採用の傾向だが特に、90年代における後半に起こった金融バブル崩壊以降、海外企業との競争が一気に激化する中で、「終身雇用」「年功序列」が崩れました。

一方で、一気に「成果主義」の導入が進みます。
それと同じような時期に「いかに暇な人、余った人材を持たないで、使える勢力のある人間だけを残した組織にしていくか?」という課題が形になってはっきり現れています。

才能のある者を欲する

最終的に「少し人手が足りない事態が起こったとしても、採用基準を低くすることはない」という厳しく選んでいく採用が定着化しました。働きたいとい言っている人の数とと実際の新しく雇う側の人数にかなり差が生まれています。
もし運良くどこかの会社に入れたとしても、 成績が悪くなっていけば、まもなく時間の経たないうちに、首を切られる(リストラ)に合うことになります。

その場だけの一瞬の転職ではなく、なるべくできる限り自分自身が、勉強し続けられる姿勢を保てる様な仕事探しが出来れば、転職の苦労や失敗を克服することもできるでしょう。
涙ぐましい努力して経験を積んでいたとして、運悪くリストラされたとしても、 努力した姿勢とそこから学んだ知識は後々に生かせるものです。
まずは何事にも前向きに進みましょう。