ヤフーの話

ヤフーの話

代表の交代

Yahoo!JAPANドーム(通称ヤフードーム)で福岡県民のみならずいまや日本中から人気のあるIITサービス業界において、大手のヤフーに大きな衝撃が走りました。
井上雅博社長(55)が職をやめて、その後に宮坂学執行役員(44)が就任することを発表したのです。

株主総会後にその役職に就くが、取締役4人のうち3人が辞めるという、いわゆる総入れ替えであり、突然の代表交代に、筆頭株主のソフトバンク社長を務める孫正義会長(54)との微妙なズレを指摘する向きも考えられます。

記者会見会場で何を語るか注目される中、井上氏は「いまだかつてソーシャル・ネットワーキング・サービスを使ったことがなく、それどころか携帯電話もカバンに入れたままのことが多く、いつも引け目に感じていた」と述べました。

 

世代の変化

スマートフォンなど、ネットの世界の急激な変化に自分がついていけないことを退任の理由に挙げました。
しかしヤフーの業績は好調です。2012年3月期の売上見通しは約3,000億円、経常利益は約1,600億円で、上場企業のトップ50に入るのは周知であり、1996年の創業以来、増収増益の一途を辿りました。

時価総額は1兆円を超えており、短期間でここまで伸ばしてきたのは、間違いなく井上社長の功績であり、同席した孫会長は、現経営陣について「98点ぐらいのレベル」と高く評価しているそうです。
しかし、IT界で猛烈なるスピードで急伸しているスマートフォンやSNSでは、やや遅れがちです。

最先端のサービスを活用しきれていないことを辞任の理由に挙げたのは、それなりに納得できます。
しかし会見では孫氏と井上氏のズレがあるようにも見えたが、井上氏がヤフーから完全に辞めてしまってから、ソフトバンクの取締役も「残らないと思う」と話しました。

それに対し孫会長は「せめてソフトバンクは続けてほしい」と慰留する場面がありました。
辞任の背景に何かあったのだと私は考えます。

 

井上氏の歴史

1957年2月東京にて正を受けた井上氏は、学生時代にはコンピュータープログラムの作成に没頭したパソコン・オタクの先駆けでもあります。
ソード電算機システムを経て、87年にソフトバンクのシステム関連会社であるソフトバンク総合研究所に転職しました。

その後、Yahoo! JAPANの代表に就任します。
ここで知っている人がほとんどだと思いますが、Yahoo! JAPANについての説明もしておきます。

 

Yahoo! JAPANについて

Yahoo! JAPANは、サービスを始めてから、たった5ヶ月後で1日100万PVを突破しています。
2000年には1日1億PVを達成し、同じく2004年には1日10億PVを突破し、国内でも一番有名なWebサイトの中の一つとして認められています。

最近では、「Yahoo!ブックマーク」や、動画配信サービス「Yahoo!動画」、ソフトバンクにおける携帯電話に向けたポータル専用のサイト「Yahoo!ケータイ」など、さらに色々なサービスを提供しています。

Yahoo! JAPANは「何をしていても、すぐそばにYahoo! JAPAN」、「人々の生活をより豊かに、そして便利にしていく『ライフエンジン』」を目標として、サービス向上を目指しています。