ゼネラル・エレクトリック

多角的企業

ゼネラル・エレクトリックはアメリカの多角的企業です。
昔は世界で一番大きいとされる総合電機メーカーでもありました。
現在では様々な事業を展開する、世界最大クラスの多角的企業です。

そしてGEと言えば20世紀が誇る最大の経営者と賞賛された同社元CEO、ジャック・ウエルチ氏を思い浮かべる方が多いと思います。
ゼネラル・エレクトリックでしょう。そしてこの会社で思い浮かべるのは20世紀を代表する経営者と言われていた、同じ会社が元になっているCEO、ジャック・ウエルチ氏を想像する人が多いと思います。

CEO

ウエルチ氏は、1981年より始まった20年という歳月の中、GEを不動地位に導いた後、現在の会長でありCEOであるかのジェフ・イメルト氏にCEOの座を譲り渡しました。

後任に選んだイメルト氏に対して、ウエルチ氏は、「今後の20年間を君に託した」と言い放ったわけは、自分と同じくしてGEの最高経営者は長期に渡る政権を維持することを前提として企業のトップを務めるんだということをアピールして述べました。
GEは、長期にわたる、結果を作り出せる機会を、指導者は結果を出せる機会を長期に渡り与えるというものです。

イメルト氏は、毎年訪日しては会うクライアントパートナー企業のトップが頻繁に変わることです。
そのためGE流哲学というものがあるのだとすれば、わずか6年にも満たないイメルト氏のCEOとしての在任期間が一番長いことに驚いています。

価値観のビジネスからすれば、どうすれば3年間限定期間のCEOになれるのか、想像もできませんこれは、在任わずか3年間ばかりで、CEOとしてのまともな仕事ができるはずがないだろうという意味を込めているようです。
反対にいってしまえば、長期間に渡って企業業績を上げ続けるためには、経営者は長期的にその席にい続けることが重要であるということをGEはわかっているということです。

業績を上げる為

実は、我が国においても裏付けした証明した研究がありました。
そして神戸大学教授三品氏は、近年において上場を果たした企業千数社の過去50年間の財政におけてまとめて分析を行い、その結果、持続的な成長を続け過去最高益を何度も更新した「優良企業」役120社では、同じ経営者が長期間にわたってその座にあった点が共通したそうです。

また、これら120社が成長を続けられた理由について、独自の事業立地を選んだことにあるとしており事業立地とは、端的には「ポジショニング」のことであります。
純粋な意味での「戦略」そのものであり、「戦略」とは、「長期的な競争優位性を維持できるポジションを構築すること」のことです。

ただ戦略自体が取らぬ狸の皮算用にならぬよう現場の「戦術」にまで落とし込み、実際の「強み」にまで磨き上げるためには長い時間を要しています。

リーダーシップ

優秀な経営者が先の展望を見誤らなければ的確な企業戦略を打ち出し、長期的に企業戦略を打ち出し続けることにより、リーダーシップを取り続けた企業こそが、成長を持続できるのだということがいえるでしょう。
また私が考えるに、経営者がトップに長く居座り続けすぎてしまうことの弊害ももちろんありますよね。

そのことで自身の出処進退を見極めるだけの見定める力が経営者には必要でしょう。
またイメルト氏が45歳でGEのCEOに選ばれたように、長期にわたってリーダーシップを発揮できるように、若いうちにCEOの座に就かせることが求められます。