ゲームクリエイター

ゲーム制作に関わる人物

ゲームを1つ制作する場合でも、それはシナリオ制作・プログラム制作・サウンド制作などのゲームの中身に関わる部分と、宣伝の広告やパッケージデザインなど、ゲーム販促に関わる部分があります。
その中でもゲームの中身の制作に関わる人物をゲームクリエイターと言い、一言で言っても、プログラマーやデザインナーなどその職種はいくつもあるのです。

このためにゲームクリエイターとして仕事をしたいと考えても、何をしたいか決めないと、その道には進めません。
中にはゲーム制作会社で、営業や事務として働くような場合もあり、このような職種でも間接的にはゲーム制作に関われます。
そしてプロデューサーやディレクターなど、それぞれで仕事内容は違ってきます。

ゲーム制作を管理するプロデューサー、ゲーム進行状況を管理するディレクター、ゲームの内容を考えるプランナーなどの仕事もあり、多くの人が関わってゲームは作られていきます。

ゲームクリエイターになるためには

ゲームクリエイターは、仕事をする上では、特に必須の資格は必要ありません。
結論として言うと、実力や経験があれば仕事の出来る世界です。
ただ未経験で仕事を始めるとなると、やはりゲーム制作を出来るだけの実力があると証明出来ないとならず、多くの方は専門学校などで勉強して、ゲーム制作会社を目指します。

ただゲームと言っても、フリーゲームもあり、ゲーム制作ソフトも数多くあります。
ツクールシリーズや吉里吉里などのゲーム制作ソフトを使用し制作する、またはC言語などを勉強しゲームを制作するような人もいます。
そうしてまずはフリーゲームから制作を始め、作ったゲームが有名になりゲーム制作会社を運営したり、有料ゲームソフト制作をする人もいます。

しかしゲーム制作会社へ就職して、そこで仕事をしたいなら、音楽が作れる、デザイナーとして絵が描ける、ゲーム用のプログラムを作れるなどのスキルがないと、採用は難しいです。
また有名なゲーム制作会社となると、早稲田や慶応などの学歴も重視されます。

ゲームは新しいステージに進む

ゲームは日々進化し、そのハードも進化し、新しい機種が発売されていっています。
そうしてハード環境の変化によって、ゲーム内容も進化していっています。
最近はポリゴンなどを使用した3Dモデルは、ゲームでは普通に使われるようになり、ポリゴンのモデラーなども重要な職業となっています。

またVRなどのバーチャルリアリティーもゲームの中に取り入れられ、バーチャルリアリティー環境を作れる人材も重要となってきています。
またゲーム用プログラムでも、最近はネットワーク機能が発達しているので、ゲームが作れるだけでなく、ネットワークで繋げられる技術も求められてきています。

転職エージェントとは

人材を紹介する人

転職エージェントは、企業と求職者を繋げるアドバイザーであり、企業側から人材募集内容を受け取り、応募希望の求職者と面談しスキルや希望を聞き、マッチングを行ないます。
転職サイトは求職者が直接募集している企業に応募しますが、転職エージェントは、その間に入り、求職者のスキルなどを見ると同時に、応募の際の面接などのアドバイスも行い、採用されやすくするためにサポートもします。

企業にとっては、採用した人材の希望を伝えると、エージェントが適した人材を捜してくれます。
求職者は、エージェントから応募する企業の内容や待遇などの詳細を聞くことができ、より具体的にどのような会社なのかイメージがつかめます。

転職エージェントを企業が使用するとなると、報酬を支払わないとなりませんので、コストはかかります。
しかし長い目でみると、エージェントが間に入り、企業が欲しい人材を捜してくれますので、直接企業が募集し採用試験をするような場合よりも、コストが下がることもあり、希望する人材を捕まえやすいのです。

企業と求職者から見た場合

・企業

募集職種のニーズに合わせて、エージェントは求人票を作成します。
多くの場合は各業界の経験者がエージェントとなりますので、企業が求める人材をより具体的にイメージしやすいです。
そうして採用背景から人材のイメージまでを、企業担当者とよく打ち合わせして聞くことにより、認識のずれを解消し、企業の希望に近い人材を募集するのです。

そして求職者が応募をしてくると、その情報を企業に伝えます。
それによって、企業は書類選考の時点から具体的に、応募者のイメージを掴むことが出来、より具体的に採用選考を行えます。
応募者を採用するかどうかの判断は、もちろん企業が行なうのです。

・求職者

職務経歴書や履歴書をまずは作成していただき、エージェントが面談を行ないます。
面談ではこれまでの経験を元に、キャリアプランをキャリアアドバイザーが一緒に考えます。
そのうえで、最適な企業を紹介しますので、応募するかどうかを検討していただきます。
もちろん、紹介した企業は必ず応募しないといけない、ということはなく、応募するかどうかはじっくり考えてもらいます。

そして応募を決めたら、今度は書類作成へと進み、書類作成時の疑問点や不安点は、エージェントがサポートします。
書類選考をクリアし、面談へと進むようになると、面接への対策もエージェントがフォローします。

このようにして、転職エージェントは、応募企業の選択から、書類作成、面接と求職者が採用されるまでサポートするのです。
また一度企業選考に落ちた場合も、それで終わりでなく、エージェントは採用されるまで何度でもサポートしてくれます。

建築士

建築をしていく建築士の仕事内容について

建築士という仕事をしているでしょうか。
知らない人がぱっと考えることとしては、「建築をする人?」という考えをします。
ほぼ当たりではありますが、建築士とは建物をどのようなものを作るかを考える人です。
最近ですと耐震関係をしっかりとする設計はどのような物かを考える人です。

建築士と言っても、実は幾つかの建築士の種類があります。
建物の規模によって木造建築士と二級建築士、そして一級建築士に分けられており、それぞれできることが変わります。
木造は面積300平方メートル以下の木造建築、二級建築は面背計500平方メートル以下、一級建築士になるとあらゆる建築をすることが出来ます。
故に、最終的には一級建築士になるのが目標の人が多いことでしょう。

デザインを考える仕事もあり、かなりいろいろな知識と経験、創造力を付ける必要があります。
そして、より新しく丈夫な建築物を作るようにしてください。

建築士の仕事には現場で監督をする仕事ももちろんあります。
実際建物を作る人は大工がすることがほとんどです。
あくまでも、設計図どおりに建築しているかの監督という状態です。
何かしらの不満点がある場合は指示をすることが出来ます。
ただし、何でも指示ができるわけではないので注意です。

建築士と言っても、どのような分野の人材になるかによって異なりますので建築士を目指す場合はよく考えてなるようにしてください。
場合によっては多くの仕事をしていく建築士になる場合もありますので頑張ってください。

建築士として仕事をするための道

建築士になるためには、まず建築関係の勉強をしないといけません。
勉強をするところは様々あり、大学や短大、高専から勉強をすることが出来るところもありますので、そこから勉強をしていくことが出来るでしょう。
実務経験から建築士になることもあります。
しかし、そうなると順番に試験を受けないといけませんが、いきなり一級建築士になる人は少ないので問題ないかもしれません。

建築士になるために勉強をしたら基本的には二級建築士や木造建築士の試験に挑戦をします。
二級建築士の方が扱える建築物が多いですが、木造でも十分することはあります。
分野によっても木造建築の方が良い場合もありますので、自分がなりたい建築士になるようにしてください。
その後実力を付けて一級建築になる場合が多いです。

大学卒から2年、短大卒から3~4年、高専卒から4年の実務経験をすることで一級建築士の試験に受けることが出来ます。
ちなみに、実務経験だけなら二級建築士や木造建築士になってから4年以上となります。
これをクリアして一級建築士になるための試験を受けることができるので、頑張って経験をするようにしてください。
かなり難しい試験となります。

建築は日本だけでなく海外にも

建築をするところは何も日本だけではないです。
最近では海外で建築をする人も増えています。
建築士として海外にいくことも出てくることがありますので、頑張ってください。

ただし、海外での建築となるとその土地の風土や建物の形式などを考えないといけないので考えさせることが多いです。
とても良い経験になることもありますので、海外の建築を見てみるのも良いでしょう。

シェフ

料理することだけがシェフの仕事ではない

シェフと言ったら料理を作っているイメージがとてもあります。
シェフの仕事としてはもちろん料理を作ることが多いですが、実はそれ以外の仕事もあるので注意です。

シェフの仕事は他にも様々あります。
食材の選択、調理の段取りを決める、場合によってはお店の経営、皿洗い、ゴミ出しと様々なものがあります。
このように料理以外のことも案外多くあります。
特に料理人の人数が少ない場合はシェフ自ら様々なことをしていきますので、注意です。
ですから、逆を言えば料理人が増えればやることが減る場合もあります。

しかし、シェフのこだわるところは自分ですることが多いでしょう。
特に食材の選択などはかなり重要なところですので、シェフ自らすることが多いです。
その逆に人数がいるなら皿洗いや皮むき、ゴミ出しなどは他の料理人やスタッフに任せることが多いでしょう。

他にもシェフはプロですので、どこかに教えにいく場合もあります。
また、常に同じお店にいるとは限らない場合もあります。
それなりに技術と知名度があれば、様々なところに飛んで行くこともあるでしょう。

勤務先は多種多様の場所、海外もあり

シェフの勤務先は基本的にはお店ではありますが、上記でも説明したように知名度や技量によっては異なるところに行くことがあります。

まず、チェーン店があるならそのお店を周っていく場合もあります。
次に、有名であると海外にわざわざ行って料理をすることもあります。
と言っても、この段階になるには相当な力量が必要です。
また、テレビなどに出て料理を教えたり、教室に行ったりすることもあります。
あとは、料理人の卵となる生徒のところに行って料理を教えていく場合もあるでしょう。

このように様々なところに行き、料理をしていくシェフも少なくはありません。
そして様々なところに対応できる料理、そこにある食材を使用して出来るものを考えていく必要がありますので、相当頑張らないといけません。

発想力が重要且つ必須能力

シェフにとって発想力は非常に重要且つ必要能力となっています。
発想力が高くないと料理のレパートリーが増えません。
また、新しい料理というのを作ることが出来ないでしょう。
ですから、発想力はしっかりと付けておくようにしてください。

そのためにも知識も必要になります。
様々な料理を知り、どのような状態で使えるかを考えていくことで多くの料理を作ることが出来るでしょう。
故に、知識も必要になります。

料理をするところによっては、そこまで食材が無い、あるいは特定の食材しか無い場合もあることがあります。
そのようなときでもシェフとして発想力を使い料理をしないといけません。
どのように有名になってもそこはそこまで変わりません。

自分ができる技術を全て使って発想力を使い、最も適した料理を作りお客様に喜んでもらうためのものを作るのがシェフですので、技術や発想力などをつけていくようにしましょう。

WEBデザイナー

WEBの見た目を決めていくWEBデザイナーの仕事

現在インターネットを見ることをする人は日本でなら大体の人が見ることになるでしょう。
インターネットを使用して情報を獲得する人が多く、非常に使われるものです。
そんなインターネットの各ページにはデザインをした人がいます。
その中にはWEBデザイナーが製作したページも多く存在します。

WEBデザイナーとは、そのままの意味でWEB(インターネットのページ)をデザインする人のことを言います。
デザインは1から全てということもあれば、依頼した人の考えを元に作っていく場合もあります。
また、WEBのサイトに使う素材なども作ることがあります。

WEBデザイナーの仕事内容は、基本的にお客様の要望を元に作っていきます。
また、その後もサイトの管理などをすることもありますが、完全に監視することはほぼありません。
それとあまり多くないですが、WEBのデザインをする家庭で出てきたキャラクターなどのその後の製作なども依頼されることが極稀にありますが、基本的にはありません。

WEBデザイナーで間違ってはいけないこと

WEBデザイナーを目指す人によっては勘違いがある人がいます。
そのようなことを避けるためにも間違えについて理解してください。
それを説明していきますので、参考にしてください。

1つめにWEBデザイナーは人とのコミュニケーション能力が必要はないという点です。
たまにずっと部屋でサイト制作のみをしていくと思っている人がいますが、普通にコミュニケーション能力は必要な分野です。

仕事内容を聞くためにもコミュニケーション能力が必要です。
WEBデザイナーが考えたデザインを説明する時もコミュニケーション能力が必要になるでしょう。
ですから、コミュニケーション能力は必要になりますので注意です。

2つめ、絵を描けなくても良いという点です。
基本的には絵を描けた方が良く、デザイナーとしてはある程度必要なスキルでもあります。
依頼によっては自分で素材を制作しないといけない場合もあり、絵を描ける力が必要になります。
ですから、そのスキルを磨くようにしてください。

3つめにプログラミング能力が必要ないという点です。
WEB製作のソフトが販売されていますが、基本的にWEBデザイナーは使用しません。
もちろん、ある程度サポートしてくれるものを使用することがありますが、誰でも簡単にできるようなソフトは使わないでしょう。

故に、ある程度のプログラミングの知識などが必要になります。
と言っても、ソフトウエア開発やゲーム開発などのようながっちりしたプログラミング知識が必要と言うわけではないでしょう。
あくまでもWEB製作に必要なものだけで良いです。

このように必要なことがありますので、WEBデザイナーを目指すなら注意です。

新たな世界を見る

WEB常に進化していると言っても良いです。
1年離れるだけで大きく技術が向上しています。
ですから、新しい技術にしっかりとついていく必要があるので注意しましょう。

特にサイトを見やすくするための技術を獲得するようにしてください。
そして、依頼に対応できるようにしましょう。

中学校教師

中学校教師の仕事、小学校と異なる点について

中学校の教師という仕事があります。
基本的に小学校よりも何段階を上げて教えていくところであり、思春期の子供がいるところです。
それ故に、中学校教師はそれなりに難しい職場と言っても良いでしょう。

中学校の勉強は先程も説明したように小学校よりも難しい内容を教えていきます。
また、中学校によって難易度も変わっていき、とても難しいことを教えるところもあれば、一般的な中学校の勉強を教える場合もあります。
どちらともしっかりと生徒に授業内容を理解してもらわないといけません。

基本的に中学校の教師は1人1教科となっていますが、人によって増える場合もあります。
小学校と違って全てではない分楽に見えますが、実際のところ難易度が高いので差ほど変わらないでしょう。
それと教科担当ですので、他のクラスにも教えにいかないといけません。
場合によっては小学校よりも多くの授業をする必要が出てくることもあります。

小学校の教師同様授業に必要なものを用意していくのですが、小学校ほど様々なものを用意しなくても良い教科が多いです。
特別なことをしなければ教科書だけでも勉強が出来ます。
特別な授業もありますが、そこまで多くはないでしょう。

中学校教師として必要なこと

中学校教師で必要なことは、思春期の子供に親身になって指導をしていくことです。
思春期はかなりいろいろな子供がいます。

知識を詰め込むだけ詰め込む生徒がいれば、遊び盛りで常にそわそわしている生徒、そして日常にストレスを出して暴れる生徒もいる場合があります。
もちろん、小学校でもそのような子供が多いのですが、成長期ということもありうまく対処しないと後々非常に厄介なことになります。

次に柔軟な教え方です。型にはまった授業でも知識は付けることが出来ます。
しかし、それでは退屈で聞いてくれない人が増えていきます。
それでは学力向上は難しいです。

ですから、学力向上のために柔軟な教え方をする必要があります。
生徒が興味を持つことができ、理解できるような授業ができるのが望ましいでしょう。
それ故に柔軟な教え方です。
これにより授業を聞く姿勢が180度変わっていくことでしょう。

あとは生徒ごとの判断です。
生徒ごとによって個性が異なります。
ですから、判断を全部同じにしていると判断をミスすることがあります。
そして、トラブルになることがあります。
ですから、それを避けるためにも生徒ごとに考えて判断をしないといけません。

決め付けなどで深刻なトラブルになることがあります。
よく考えることを忘れずに中学校教師になってください。

中学生は大事な時期

生徒にとって中学生と言うのは大事な時期なのです。
人によっては小学生、もっと下の年齢からという人もいますが、中学生は思春期と分岐点がある時期です。

思春期の過ごし方によって今後の生き方が変わることもありますし、中学校での経験が今後の進路を決めることが多いです。
ですから、中学生というのは大事な時期と言っても良いです。

これからのことを考えるのは中学校を卒業してからでも良いと思う人が多いですが、ここの分岐点は非常に重要です。
分岐点を導けるように中学校教師として導くようにしましょう。

弁護士

法律のプロフェッショナルの弁護士の仕事

弁護士は大体の人が知っている職業です。
知られているところとしては法律を武器にして裁判で弁護していく姿を見ることが出来るでしょう。
実際そのような仕事もするのですが、かなり実績が無いと案外そのような仕事が無い場合が多いです。
他にも仕事がありますので説明をしていきます。

弁護士の仕事で多いのが相談を受けることです。
弁護士事務所によっては相談を受けているところがあり、そこで相談をすることで法律を使用してトラブルを解決できるようになる場合があります。
ですから、そういったトラブルの解決のために聞いて場合によっては解決するのが弁護士の仕事です。

相談を受ける場合、普通の一般の人もいれば、会社の社長なども相談に来ることがありますので、しっかりと答えられるようにしましょう。
相談自体はあくまでも法律的にどのようになっているかを説明することです。
相談後、依頼を受けて解決に向けて動いていくこともあります。

弁護士によっては顧問弁護士になっている人も多くいます。
この顧問弁護士は企業の担当の弁護士になることです。
企業内の相談などを受けることができ、その分給料を獲得することが出来ます。
また、裁判なども企業に勝たすために仕事をしていきます。

このような仕事を弁護士はしていることがあります。
もちろん、全ての仕事が裁判の場合もありますが、他にも仕事があることを理解して弁護士の仕事を目指すようにしてください。

弁護士への道

弁護士として仕事をするための道について説明します。
参考程度にみてください。
そして、弁護士としての道を進むようにしましょう。

説明する前に注意点としてはこの弁護士になるということは相当大変な道であることを理解してください。
人によってはすんなりと弁護士になることが出来る人もいるかもしれませんが、勉強面でかなり多くのことをしていかないといけませんので注意です。

それをふまえて弁護士になるためにはどのようなことをすればよいかですが、まずは弁護士としての知識を付けるようにしてください。
これがないと弁護士として仕事が出来ませんので、勉強をしましょう。

基本的に司法試験に合格することが弁護士としての一歩ですからそれに合格出来るだけの知識を獲得すればよいです。
しかし、直接行くとなるとかなり難しいので、大体の人は法科大学院の修了することからしていきます。
修了をすることである程度の知識を獲得することが出来ます。

そして司法試験予備試験に合格して司法試験に合格できればよいです。
ただし、司法試験には回数制限がありますので注意です。

弁護士は見た目が重要

弁護士として仕事をする時に注意しないといけないのが身だしなみです。
弁護士として仕事をしっかりとしたいなら身だしなみをしっかりと整え仕事をするようにしましょう。
身だしなみが悪い弁護士は仕事が来ないことが多くなります。
やはり見た目はとても重要な点なので注意です。

医師

医師という仕事について

医師といえば診察をしてもらったり、手術をしてもらったりというイメージがあるでしょう。
確かにそれも医師の仕事ではありますが、実は他にも仕事の内容が様々あります。

まず、多くの人が知っている医師についてです。
この医師の名前としては、臨床医です。

臨床医とは、患者の状態を診察して病気の状態を調べていく人のことです。
科によって多少内容が異なりますが、これが一般的な臨床医の仕事内容です。
そして、科によっては手術や患者に処置などを行います。
一般的に知られている医師が臨床医となります。

そしてもう一つの医師の仕事が研究医です。
名前でなんとなくわかるかもしれませんが、研究医は研究している医師です。
簡単に説明してしまえば、病気に対して攻略方法を探すのが研究医の仕事です。

研究医の場合被験体などが居ないかぎりは患者の直接な診察は行いません。
しかし、未知の病気に対して研究をする際は例外として診察をすることがあります。
基本的に医師としての知識を使用して研究をしていきます。
人によっては大学で医療関係を教えている人も多くいます。

研究医だけが病気に対して研究をしているわけではないです。
臨床医も診療を行いから研究を並行で行うことが一般的ですが、研究医の場合広く研究をすることが多いです。

医師の種類について

医師は沢山います。
上記で説明したような2種類もあれば、その中も様々な医師がいます。
主に内科、外科、整形外科、小児科と言った定番のものや産婦人科や麻酔科、放射線科と言ったものもあります。
それぞれに医師がいますので、もしも医師を目指すならばどの科に行くかを考えて選択をするようにしてください。
それによって仕事内容が異なります。

あとは、どこで仕事をするかです。
病院によってどのような科があるかが異なります。
また、歯医者のような一個を専門としているところもありますので、どのような医師になりたいかを考えてください。

そして、ある意味では獣医も医師です。
そういった人間以外の医師もいるでしょう。

進むべき医師への道

医師がとても多くいます。
ですから医師の道が幾つもあり、方法もいくつもありますのでどのような道を進むかをしっかりと考えてください。

人間の医師になりたいならまずは大学にいくことです。
できるなら医大に言ったほうが良いですが、他にも様々な大学がありますので、そちらで勉強をして医師を目指すことも出来ます。

医師の勉強をしたら国家資格を獲得するようにしてください。
その際にどの医師になるかによって変わることがありますのでしっかりと確認するようにしてください。
資格を獲得することができれば、医師になる権利を獲得することができるので、自分が行きたいところを探していくようにしてください。
様々なところがあり、自分を高めることが出来るところがありますので、よく考えて仕事先をみつけるようにしてください。

医師として実力を付けて良い医師になっていくようにしてください。
1人でも増えることでもしかすると1人助かる人が増えるかもしれません。

看護師

看護師としての仕事

看護師はほとんどの人が知っている職業であり、それなりに人気の職業です。
その看護師の仕事について説明をしていきます。

看護師としての仕事は、血圧、体温、注射などの治療を補助する仕事を多くします。
また、食事を患者さんに与えたり、ベッドメイキングをしたりすることもあります。
患者さんが不便を感じることなく病院生活を送れるようにサポートするのが看護師の仕事であることが多いです。

他の仕事としては手術の補助です。
実際に看護師が手術をすることは出来ません。
ですから、手術の補助までで必要な機材を渡すなどの作業を行います。
また、手術の準備などもすることがありますので、器具など忘れないようにしないといけません。

看護師がどこで仕事をしているかによって仕事内容が異なります。
大きな病院で入院患者さんが沢山いるところなら最初に説明したような患者さんのサポートをすることが多くなりますが、小さい病院などの場合はどちらかと言うと医師のサポートを徹底することがあります。
ですから、場所によって仕事内容が多少異なりますので注意です。
故に、仕事先の選択によって仕事内容がことなりますのでよく考えて選択をするようにしてください。

どの看護師になるか

看護師と言っても実は幾つかの種類があります。
正看護師と准看護師、そして認定看護師、専門看護師という種類の資格があり、それぞれ特徴や役割が違います。
また、他にも外来看護師、病棟看護師、助産師、保健師などの種類もあります。
そしてそれぞれでなるための方法が異なりますので注意です。

看護師の種類によって出来る範囲や仕事内容が異なっていきます。
また、仕事先も種類によって異なりますので注意です。
それと資格のとり方も異なりますのでそこをしっかりと確認して自分が目標にする看護師になるようにしてください。

看護師の仕事は決して楽なものではない

看護師としての仕事は人によっては簡単に見えることがあるかもしれません。
しかし、実際のところ非常に大変な仕事と言っても良いでしょう。

仕事をする時間も様々あり、大きな病院になれば夜勤勤務などもあります。
また、頭を使うような仕事に見えて、意外なほど体力勝負な部分が多いです。
特に患者さんの診断によっては相当力がないとやっていけない場合もあります。
ですから、看護師としてやっていく場合はしっかりと身体を鍛えていくようにしてください。
そうしないと長く仕事をすることが出来ません。

また、勤め先によっては人間関係なども注意が必要になります。
人付き合いが上手く出来ないと相当こじれることがありますので注意しましょう。

しかし、実際悪いことばかりではありません。
看護師として仕事をしていき、患者さんが元気に退院していく姿をみることでやりがいが出てくることがあります。
大変ことが多くはありますが、人を助けるために仕事をすることができるので人によってはとても生きがいにすることが出来るでしょう。
ですから、頑張って看護師をやっていくようにしてください。

秘書

会社を支える秘書の仕事

秘書という仕事がありますが、この秘書とは実際どのような仕事をしているかわからない人が多いのではないでしょうか。
実際ドラマなどでも多く出てくるのですが、ドロドロな展開に使われることがあり、実際仕事をしているところを見ることは少ないです。
そんな秘書の仕事内容について説明をしていきます。

秘書の仕事内容は基本的に会社のサポート主体の仕事になります。
電話対応、書類作成、来客対応などの仕事があります。
これだけみれば、普通の社員ではと思うかもしれませんが、結構このような仕事が多くあります。
そして、秘書らしい仕事としてはスケジュール管理です。

スケジュール管理は主にトップの人の管理となります。
何時にどのような交渉があるかや移動の時間などの管理をして問題なくサポートをする人の行動させていくのが秘書の仕事です。
執事という仕事似たような仕事をしていくことが多いです。
ちなみに、場合によってはお茶くみなどもすることもあります。

秘書の状態によっては更に様々な仕事をすることがあります。
必要書類や情報の獲得、お中元やお歳暮の交流関係の状態を良くする行動、他の会社員の状態管理、仕事の内容をまとめるなどのような仕事もします。
情報の獲得の良し悪しによっては会社が傾くなどのこともありますので、かなり重要な仕事をすることもあります。
ちなみに、仕事としてすることはかなり低いですが、株式関係の仕事をする場合もあります。

秘書に求められている能力と必要なこと

秘書として求められる能力としては、その場所にもよります。
基本的に万能であることが秘書に求められる能力ですが、そのような秘書はあまりにも少ないです。
ですから、最低限仕事が出来る人材、サポートをして効率を上げることが出来る人材が欲しいところでしょう。

細かな作業や気配り、冷静な判断なども必要になることがあります。
他にも、仕事場によっては知識や経験を必要とする場合もあるでしょう。
また、上記で説明したようなお茶くみ、文章の製作などが出来ることも基本的に必要です。
ともかく、どのような秘書を求めているかによって必要な能力が異なります。

比較的必要なことは、自動車を運転できること、パソコンを普通に使えること、コミュニケーション能力などのことが最低限必要になります。
特に自動車の運転は、トップと行動をする時に必要なことが多いので、女性でも必要になることがあります。
そしてコミュニケーション能力は絶対に必要なスキルの1つです。

個人秘書とグループ秘書

秘書ですが、個人秘書とグループ秘書というのがありますので注意です。
どのような秘書になるかをしっかりと確認しましょう。

個人秘書は大体がトップの人のサポートをする1対1の秘書になります。
常にトップの人と一緒に行動していくことが個人秘書です。
ですから、場合によっては多数の会社を歩きまわる必要がある場合や海外などにトップと一緒に出張をする、トップの気まぐれで動くことが多いです。
と言っても、スケジュール管理もありますので、気まぐれで行動は少ないです。

グループ秘書は会社自体の秘書として仕事をしていきます。
秘書室というのが設けられることがあり、会社全体をみて動くことが多いです。
秘書として会社全体の状態を把握してトップに報告することもあれば、トップの代わりに訪問者の対応をしていく場合も多くあります。
ですから、個人秘書と違って動かないことが多いです。

ただし、どちらの種類とも混ざった秘書を求めるところも多少いるので注意です。
そうなると相当秘書としての仕事が増えます。