一般事務

事務仕事をする人

一般事務は一般的な事務を行なう職業であり、営業資料や契約書作成、パソコンでデータ収集しエクセルにまとめる、電話やメール応対などを行ないます。
会社や部署によっても行なう仕事は若干違ってきますが、一般的には社内での事務作業を行ないます。

営業事務と比べると仕事内容は少なくなる傾向にあり、職場によっては営業事務まで行なうこともあります。
庶務や経理までを任されることもあり、一般事務と言っても広義の範囲で捉える会社もあります。

単純作業に思える仕事ですが、社員がスムーズに仕事を行えるようにして、社員の負担を減らすために重要な役割を担います。
もしも事務がいなければ、社員がそれぞれ担当する書類を作成しなければならず、仕事の効率が落ちてしまいます。

ただ仕事をするとなると、事務作業が行えれば良いわけではありません。
社会人としての一般常識やビジネスマナー、メールでのやりとりや電話応対方法、データ入力やタイピング、接客応対、エクセルやワードの既存操作など、基礎的な技術が数多く求められる仕事です。

大学や他の会社で働いていたなら、このような技術やマナーは自然と身につきますが、未経験で始めるなら覚えることは多いです。

未経験からも仕事は可能

一般事務として仕事をするには、特に必要とされる資格はありません。
事務を募集している企業に応募し、採用さえされれば、すぐに仕事可能です。
メールやエクセルが使えれば、すぐにでも即戦力となり仕事も出来るでしょう。
事務の経験が無くても、関連する仕事をすぐに覚えられれば仕事は可能であり、それほど難しい職業というわけでもありません。

ただ社員や上司、来客者や取引先の人などと、コミュニケーションをしていかないとならない場合もあります。
そのような時には社会人としての、接し方を身につけないとならず、友達と話すのとはわけが違います。
もしもパソコンの操作もできないと言うのであれば、一般事務を目指す前には一通り学んで練習しておくべきです。

基本は、ビジネスマナー、パソコン操作、コミュニケーション能力があれば仕事が出来、あまり計算が得意でなくても、エクセルや電卓が代わりに行なって正確な数値を出してくれるのです問題ありません。
仕事をしていれば接客マナーやビジネスマナー、その会社での契約書や明細書の書き方なども自然と覚えていきます。

ただしスキルアップを目指すならあまり適した職業とは言えず、行なう仕事もある程度決まっているので、覚えてしまえばそれ以上のスキルアップはありません。

TOIECやMOSなどの取得を目指すという方法もありますが、事務仕事にはあまりプラスにはなりませんので、取得後はその資格で他の仕事をするというのも良いかもしれません。