スポーツトレーナー

スポーツ選手のコンディションを高める

スポーツトレーナーは、スポーツ選手のトレーニングを行ないます。
それは運動能力やパフォーマンスを高めるための、日々のトレーニング指導を行なうのはもちろんです。
筋力トレーニングやバランス感覚、柔軟性などを養う指導を行ない、フィジュカルコーチがいれば補佐もします。

スポーツトレーナーとしての、大きな役割が運動能力関係のトレーニング指導でしょう。
しかし、行なうのはそれだけではありません。

怪我によって競技から離れている選手の、復帰のための手伝いも行ないます。
リハビリ指導などを行ない、また健康なスポーツ選手に対しても、競技での怪我や故障の防止のための指導を行ない、健康的にスポーツが行えるようにします。

競技中に怪我を起こしたり、競技によって起きた腰痛などの症状に対しては、応急処置やマッサージを行ないます。
病院に行くようなことがあれば、担当医と相談しながら、怪我の状態や将来への見通しなどを判断します。

そして重要な役目として、試合に向けた選手のコンディション調整があります。
選手の状態を見て、練習や休養のスケジュールを考え、疲労回復を目的としたストレッチなどを行ない、選手の状態を整えていきます。
試合に向けて選手から相談を受けるようなこともありますので、それに対してもアドバイスを行ないます。

仕事としてはこのようなものがありますが、スポーツトレーナーは、練習や試合など、選手達とチームの一員として、スケジュールに合わせて行動します。
休日は選手が病院に行ったり、リハビリやトレーニングすることもありますので、それに付き合うこともあります。

人脈が重要

スポーツトレーナーになるには、必要とする資格はありませんが、人体の構造や、体力や疲れに対する知識、怪我に対する知識も必要となりますので、それらの知識を学ばないとなりません。
多くは、柔道整体師や鍼灸師などの、医療系の資格を持っています。

スポーツトレーナーを目指すなら、体育系大学を卒業して、アスレティックトレーナーなどの資格を取得するという方法があります。
またはまずは、柔道整復師などの資格を取得するという道もあります。
ただしこれらは、スポーツトレーナーになるには、スタート地点に過ぎません。

公募されているようなことはなく、募集先を探して応募すれば仕事が出来るという業種ではありません。
活躍する人も少ないので、狭き門の仕事と言えます。
重要なのは実績であり、それと同時に人脈やコネも必要です。

高校や大学向けのスポーツトレーナーとして派遣されて、まずはそこで働き実績を積み、そうして一流選手のトレーナーになるという道が一般的です。
ただ派遣トレーナーになっても、必ずしもその先の有名選手のトレーナーになれるとは限りません。