広告制作会社社員

広告制作を行なう人

広告制作会社社員は、その名前のとおりであり、広告制作会社で広告制作を行ないます。
広告は、テレビコマーシャルや新聞、雑誌や街中のポスターなどがあり、インターネット用の広告もあります。
DMやカタログなども広告であり、これらを制作します。

ただ、制作会社はすべての広告を作るわけでなく、テレビコマーシャルを作る会社、インターネット広告を作る会社などと、それぞれの会社で扱う媒体が違います。

広告を制作すると言っても、もちろん社員一人ですべて行えるわけではありません。
キャッチコピーなどを考えるコピーライター、ビジュアル面を考えるアートディレクターやグラフィックデザイナー、企画を考えるCMプランナー、映像を制作するカメラマンなど、複数の人物が関わり、広告は出来上がっていきます。

もちろん、制作する時にはクライアントの要望を聞きながら作りますが、クライアントの意向や広告対象物の内容を把握せずに作ると、中身のない外面ばかりの広告が出来上がることもあります。

ターゲットとする年齢や性別、職業によっても1つの製品を宣伝するにしても、どのような広告を作るかは違ってきます。
女性向けであるのか、男性向けであるのか、子供向けなのか、スタイリッシュにするのか、落ち着いた雰囲気にするのか、など違いが出てきます。
こうして作られた広告は、人々の心に働きかけますので、広告の出来1つでクライアントの商品が売れるかどうかも決まります。

美術関連の勉強をすべき

広告ではデザインに関する制作も、多くありますので、仕事をしたいと思うならば、美術の勉強をして技術を磨くべきです。
美大や芸術学部などに行き勉強したり、グラフィックソフトの使い方を学ぶ、専門学校に行って学ぶなどの方法があります。

広告制作会社としては、企画に制作の他、営業など幅広く行なう会社、または制作を中心に請け負う会社があります。
どちらの会社に行くとしても、クリエイティブな能力があるかどうかを採用では見ることも多いです。

また企画や営業などを行なうというのであれば、クリエイティブな能力はそれほど必要なく、大卒であれば採用されることも多いです。
どのような場合でも、まずは広告会社の募集要項を見てみると良いでしょう。

また広告会社の特有の職種としてコピーライターがあります。
これは文章を制作するのが仕事であり、その商品のキャッチコピーを作ります。

キャッチコピーの出来1つで、商品の印象も変わり、売れ行きも変化しますので、とても重要な仕事です。
キャッチコピーは数文字から1行程度のとても短い文章ですが、それに商品のイメージなどを詰め込みます。
センスが問われますので、誰でもなれる職業というわけでもありません。