転職エージェントとは

人材を紹介する人

転職エージェントは、企業と求職者を繋げるアドバイザーであり、企業側から人材募集内容を受け取り、応募希望の求職者と面談しスキルや希望を聞き、マッチングを行ないます。
転職サイトは求職者が直接募集している企業に応募しますが、転職エージェントは、その間に入り、求職者のスキルなどを見ると同時に、応募の際の面接などのアドバイスも行い、採用されやすくするためにサポートもします。

企業にとっては、採用した人材の希望を伝えると、エージェントが適した人材を捜してくれます。
求職者は、エージェントから応募する企業の内容や待遇などの詳細を聞くことができ、より具体的にどのような会社なのかイメージがつかめます。

転職エージェントを企業が使用するとなると、報酬を支払わないとなりませんので、コストはかかります。
しかし長い目でみると、エージェントが間に入り、企業が欲しい人材を捜してくれますので、直接企業が募集し採用試験をするような場合よりも、コストが下がることもあり、希望する人材を捕まえやすいのです。

企業と求職者から見た場合

・企業

募集職種のニーズに合わせて、エージェントは求人票を作成します。
多くの場合は各業界の経験者がエージェントとなりますので、企業が求める人材をより具体的にイメージしやすいです。
そうして採用背景から人材のイメージまでを、企業担当者とよく打ち合わせして聞くことにより、認識のずれを解消し、企業の希望に近い人材を募集するのです。

そして求職者が応募をしてくると、その情報を企業に伝えます。
それによって、企業は書類選考の時点から具体的に、応募者のイメージを掴むことが出来、より具体的に採用選考を行えます。
応募者を採用するかどうかの判断は、もちろん企業が行なうのです。

・求職者

職務経歴書や履歴書をまずは作成していただき、エージェントが面談を行ないます。
面談ではこれまでの経験を元に、キャリアプランをキャリアアドバイザーが一緒に考えます。
そのうえで、最適な企業を紹介しますので、応募するかどうかを検討していただきます。
もちろん、紹介した企業は必ず応募しないといけない、ということはなく、応募するかどうかはじっくり考えてもらいます。

そして応募を決めたら、今度は書類作成へと進み、書類作成時の疑問点や不安点は、エージェントがサポートします。
書類選考をクリアし、面談へと進むようになると、面接への対策もエージェントがフォローします。

このようにして、転職エージェントは、応募企業の選択から、書類作成、面接と求職者が採用されるまでサポートするのです。
また一度企業選考に落ちた場合も、それで終わりでなく、エージェントは採用されるまで何度でもサポートしてくれます。

転職エージェントの上手な活用について

men

転職のメリット

転職というと、何を思い浮かべるんでしょうかそして、報酬のアップ、新しいやりがいに溢れた仕事、刺激的でチェレンジングな環境、等々。
転職経験者であれば、新しい職場へ向かう直前、これらの思いに胸を躍らせた経験があるだろう。
しかし一方で、「こんなはずではなかった・・・」転職を経験した人の多くはこんな思いを抱いた経験もあるはずだ。

いうまでもなく、転職はメリットだけではない。
デメリットといっては言い過ぎだが、考慮しなくてはならないリスクというものが存在する。
例えば、それまでの職場で積み上げてきた人間関係は重要な無形財産である。

 

デメリット

社内での根回しのルートやツボなど、それまで何気なく行ってきたことも、新しい職場ではまったくのゼロからやり直さなくてはならない。
経験した人には分かるだろうが、このリスクを回避するには新しい職場と自分が論理的にも感覚的にもきちっとマッチングしていることが絶対条件になる。

また、たいていの場合は転職前と比べて職位や責任が重くなる。
これを納得のいく報酬額に反映させるには、採用段階での企業側との交渉が重要である。
自分の身の丈を超えた報酬を要求することは論外だが、しかし責任を持って履行する自信のある仕事であれば尚更、きちんと報酬額に反映させる交渉を行うことは、やはり転職者にとっては欠かせない作業のひとつだ。

ここまで書くと、転職は面倒だし何だか怖いもののように感じてしまう方も少なくないかもしれない。
しかし、準備と計画を怠らず、間違いのないステップさえ踏めば、むしろ転職は今の仕事環境では手に入らない多くのものを手にすることができるのだ。

 

オススメのサイト

ここでお勧めしたいのが、転職エージェントの活用である。
転職サイトを使って自分一人で活動を進めるのに比べると、事前に入手できる情報量は圧倒的な数だとおもいます。
エージェントは実際に企業の採用担当者や決裁者と密接なリレーションを持っていることも多いので、通りいっぺんの「面接の傾向と対策」よりももっと踏み込んだ対応策を練ることができる。

さらには、その応募先企業の今後の事業展開や方針などについても具体的でリアルタイムな情報をエージェントを通じて入手することも可能である。
また、最大のメリットは、最終段階での報酬額の交渉はエージェントを通じて行えることだ。
日本人は、本音では報酬額の交渉を苦手とする人が非常に多い。

どうしても「お金の話」については遠慮がちにすることを美徳とする部分があるので、ついつい控えめに条件提示してしまったり聞くべきことを胸にしまったままにしてしまったりすることも少なくない。
この点、エージェントに対しては何ら遠慮する必要は無いので、予めエージェントにきちんと伝えておけば、彼らが間に入って調整してくれ交渉がスムースに進むという仕組みである。

 

チャンスを掴む

つまり、上記のように転職エージェントを上手く活用すれば、転職に対して何も臆する必要はなく、かえって新しい活躍の場を得るチャンスにすることができる。
もちろん、首尾よく新しい仕事に就いたとしても、実際は苦労することも多いだろう。

しかし、逆境の中にあえて身を置くことで、「結局頼れるのは自分だけである」ということを認識したり、新しい人間関係を築けたりと得るべきものも非常に大きい。
転職するのであれば是非転職エージェントの上手な利用をお勧めする。

私は転職エージェントという仕事をしています。

転職サポート

noteあなたは転職を考えたことはありますか?

おそらく、転職を考えている方の多くは、ハローワークで情報を探したり、コンビニで求人雑誌を購入して面談を受ける、インターネットで検索して募集要項を見るなどの手段を取ると思います。

そして民間で行っている転職エージェントの存在を知らないという人が多いように思います。私も、今まで転職するときに、転職エージェントの存在を知らず、求人誌を頼りに活動していました。

最近では、転職エージェントの会社も増えてきたこと、知る人が多くなってきたことから、利用する人が沢山いるようです。

それはインターネットの情報を通して、転職エージェントのことを知り、援助を受ける人が少しずつ増えていっているのではないかと思います。

 

転職エージェントとは

転職エージェントでは求人数の豊富な情報が期待できることと、転職のプロが、無料で転職活動をサポートしてくれるのですから、これは利用しない手はありません。
各社サービス内容を見ていただくと知ることができる情報だと思いますが、通常ではありえない転職活動が可能になっていくのです。

転職エージェントという言葉をあまりみなさんは耳にしないと思うので、説明いたします。
転職エージェントとは正式に言うのであれば、「有料職業紹介事業所」と呼ばれる「厚生労働大臣の認可を受けている」民間の会社を斡旋する目的のための会社のことを指します。

そして一般的な転職エージェントは企業からの依頼により事業活動を行っています。
転職希望者に対して、求人などの情報の提供元から、面接の日程や調節など、転職活動に関することを一手にまとめて、無料で援助いたします。

 

最新、明確

転職エージェントに集まってくる求人情報は、企業先の人事担当者から直接入手した最新の情報です。
つまり、ホームページなどで転職サイトや、求人情報誌などに載っている情報と比較した場合、企業の求めている人材を明確に表している「生きた」情報であると考えられます。
最近ではエージェントとしてのサービスも充実してきています。

転職希望者にはその人に合ったキャリアコンサルタントが個別で説明を行い、どのような職業が合っているのか、また希望に沿った詳細な求人情報の提供、今までの職務の経歴書の書き方、面接に合格するための指導・対策、内定獲得時の年収がどれぐらいかいいかという交渉などのサービスを提供しています。

 

メリット

転職希望者によるメリットとは、自分のキャリアや自分に合った適性を客観的に教えてもらうことができることです。
そして効率的で機能的に転職活動を進めることができます。
そして結果的に自分だけで行う転職活動よりも満足度が高くなる可能性があるという点が挙げられます。

転職エージェントを運営している会社は、多くあります。
有名なのは、リクルートエージェント、アデコ、マイナビ、マイコミエージェント、リクナビってところでしょうか。是非、活動の選択肢として、転職エージェントの利用を加えていただければと思います。