調理スタッフ

料理を行なう人

調理スタッフと言っても、それは幅広く、レストランの調理人から、居酒屋やカフェ、ファーストフード店、さらにはホテルや菓子店などいくつもあります。
菓子を作る場合はパティシエなどとも呼ばれますが、料理を行なう仕事が調理スタッフと言って良いでしょう。

それは料理を作るばかりでなく、材料の仕入れから下準備、盛りつけに、清掃まで行ないます。
調理にしてもメニューごとに分担して行なうような場合もあります。

ただ仕事をするとなると、特に必ず取得しないとならないという資格はありませんが、未経験で始めるとまずは見習いからスタートです。
板前なども調理スタッフということが言え、仕事をスタートしたばかりの新人のころは、雑務ばかりです。
最初は調理は行なわせてもらえず、材料の仕入れや店舗の清掃などを行なっていき、少しずつ調理を覚えていきます。

ファーストフード店などであれば、最初から調理する事が出来、すでにどのように焼いたり蒸したりすれば良いか決まっています。
マニュアル通りに行なえば良いので、これといった調理スキルも必要ありません。
しかし板前やパティシエを目指すとなると、少しずつ調理して覚えていくようになり、教科書はありませんので、見て覚えるしかありません。

このようにしてどこで働きたいかによっても、スキルが必要かどうかも決まります。
ファーストフード店などでは調理スタッフとして募集していることもあり、店員がホールスタッフであるのに対し、料理するのは調理スタッフになります。

このような店舗での仕事はさほどスキルは求められませんが、パティシエや板前となるとスキルが必要になります。
特に実力世界なので、何年経ってもスキルが磨けず向上しないとなると、他の道も探さないといけなくなります。
このような専門的な世界の調理スタッフは、厳しい世界であると言えます。

食に関する知識が身につく

仕事をするには、まずは調理専門学校などに行って、勉強して学んでから、調理スタッフを目指すという方法もあります。
最初に専門学校で学べば、食に関する知識が身につきますので、仕事を始めると役に立つかもしれません。
食の知識が身につけば、仕事ばかりでなく、日常生活でも料理するのに役に立つかもしれません。

仕事をする上では、やはり衛生面は気をつけるべきであり、常に清潔にすることを意識しないとなりません。
またどのような職場でも、他の人々と一緒に仕事をしますので、コミュニケーション能力も求められます。

自分で料理して作っていくような、パティシエなどの仕事では、新しいメニューを考える能力も必要です。
どのような店舗でも、立ち仕事であり、体力も必要となる仕事であるのは間違いありません。

ライター

記事を書くのが仕事

ライターというと文章を書くのが仕事であり、コピーライターとは仕事内容は違います。
文章を書き記事として制作し、それは雑誌や書籍、フリーペーパーやブログなど、媒体はいくつもあります。
おもにクライアントや編集者からこのようなテーマで文章を書いて欲しいと依頼があり、そのテーマを元にして文章を作成していきます。

文章は媒体によっても書き方が違ってきて、ブログ用と書籍用では違いがあります。
また文章を仕上げていく上では、ただ文章を書いていけばよいというわけはなく、読みやすく、それでいてなおかつその中に読み手に伝えたいことが凝縮されている必要があります。

まったくテーマと違う内容や、同じ内容を何度も繰り返して書くようでは、ライターとしては仕事が勤まりません。

そして仕事では文章作成と同時に、取材やインタビュー、参考書などを調べるということも重要です。
取材したりインタビューした内容をまとめて記事にするようなこともあり、また依頼されたテーマがライター自身良くわからない内容であれば、参考書や書籍、インターネットなどで調べないとなりません。
時には、文章制作時間よりも、調べる時間の方が多くなるようなこともあります。

またライターでもシナリオライターなどのように、特定の分野で活躍する人もいます。
さらには、芸能人や経営者の代わりに執筆を行なうゴーストライター、大統領や政治家の演説内容を考えるスピーチライターなど、特殊な場面で活躍するような人もいます。
ライターとしてもフリーで活躍するような人もおり、売れっ子となると、サラリーマン以上のお金を稼ぎます。

文章を書ければなれる

ライターになるには、特に資格が必要ありませんので、ライターとして肩書きを名乗ることも出来ます。
ただし、書く文章によっても、センスがありますので、良い文章が書けなければあまり仕事はありません。

出版社や編集プロダクションに入社して書籍などのライターとして活躍する人、養成スクールに行って最初からフリーを目指す人、アルバイトで仕事をしてスキルを磨いていく人など、進む道は人それぞれです。

仕事をするには、求人を見つける、企業などの募集を見て応募する、出版社などに企画を持ち込むなどの方法があります。
ただしどのような場合も、実績として書いた文章や記事を見せてくださいと言われるので、未経験から始めるには、小さい仕事をコツコツこなして、実績を積むしかありません。
そして未経験だと、ライターとしての収入は少ないので、大変です。

または編集アシスタントなどとして、間接的にライターとして仕事に関わっていき、徐々に仕事を覚えて、スキルも磨いていくという方法もあります。

マーケター

社会のニーズを算出する

マーケティングとは、一言で言えば人間や社会のニーズを見極めてそれに応えること言えます。
そして何かを行ない、それに対する反応があってこそ、マーケティングが成り立っているとも言えます。
つまりは相手が求めていることを、具体的に正しく把握し、それに応えるように対応するということになります。

そこでマーケターというと、マーケティングを行なっている人と言うことになります。
相手の求めていることを算出し、見込み客として取り入れ、サービスや製品の販促に繋げるのです。

マーケティングを行なうのは、一般的に市場と呼ばれる、消費者が活動するエリアであり、ダイエットや健康食品、美容商品などの場合に、マーケティングが行なわれることが多いです。
そしてマーケターの重要な能力は、市場の創造であり、商品やサービスが売れるような市場を開拓していくことにあります。

マーケターの仕事

マーケターは、それ自体を職業として募集しているような企業は少なく、日本では社員に専属で仕事を任せることもあります。
しかし最近はインターネットの発達で、ネット広告や通販サイトが増えて一般的になってきたので、通販向けのマーケティングを行なうような企業はあります。
通販向けのマーケティングツールなども充実してきています。

・市場洞察力
まずマーケターとして仕事をするには、市場洞察力が必要であり、市場がどのように移行していくか判断しないとなりません。
市場の変化を敏感にキャッチし、変化の予兆を見ることによって、製品をいち早くその市場に仕掛ける事が出来、販売に繋げられます。
この市場洞察力がないと、マーケターとしての仕事は勤まらず、市場を分析する能力が必要です。

・ユーザー理解
ここで言うユーザーとは消費者のことであり、どのように製品やサービスを仕掛ければ、ユーザーが興味を持ってくれるか考え把握します。
どんなに良い製品やサービスがあっても、ユーザーにその利点を伝えられなければ、見向きもされず、売り上げにも繋がらないのです。
そのためには、まずはユーザー視点に立つ必要があり、どのような部分を見ているのか把握しないとなりません。

そうしてこの市場分析とユーザー分析の2つを行ない、製品やサービスをこのようにアプローチしたら、販売に繋がるだろうと道筋を立てます。
このような道筋を立てることによって、企業はそれに基づき広告を作っていき、ターゲットを絞ります。

ただマーケターの仕事を言い換えれば、顧客の獲得や創造ともなり、顧客に繋がらなければマーケターを企業が使う意味もなくなります。
どれだけ市場やユーザーを的確に分析し、顧客創造にどれだけ繋げられるかが、マーケターの腕の見せ所とも言えます。

一般事務

事務仕事をする人

一般事務は一般的な事務を行なう職業であり、営業資料や契約書作成、パソコンでデータ収集しエクセルにまとめる、電話やメール応対などを行ないます。
会社や部署によっても行なう仕事は若干違ってきますが、一般的には社内での事務作業を行ないます。

営業事務と比べると仕事内容は少なくなる傾向にあり、職場によっては営業事務まで行なうこともあります。
庶務や経理までを任されることもあり、一般事務と言っても広義の範囲で捉える会社もあります。

単純作業に思える仕事ですが、社員がスムーズに仕事を行えるようにして、社員の負担を減らすために重要な役割を担います。
もしも事務がいなければ、社員がそれぞれ担当する書類を作成しなければならず、仕事の効率が落ちてしまいます。

ただ仕事をするとなると、事務作業が行えれば良いわけではありません。
社会人としての一般常識やビジネスマナー、メールでのやりとりや電話応対方法、データ入力やタイピング、接客応対、エクセルやワードの既存操作など、基礎的な技術が数多く求められる仕事です。

大学や他の会社で働いていたなら、このような技術やマナーは自然と身につきますが、未経験で始めるなら覚えることは多いです。

未経験からも仕事は可能

一般事務として仕事をするには、特に必要とされる資格はありません。
事務を募集している企業に応募し、採用さえされれば、すぐに仕事可能です。
メールやエクセルが使えれば、すぐにでも即戦力となり仕事も出来るでしょう。
事務の経験が無くても、関連する仕事をすぐに覚えられれば仕事は可能であり、それほど難しい職業というわけでもありません。

ただ社員や上司、来客者や取引先の人などと、コミュニケーションをしていかないとならない場合もあります。
そのような時には社会人としての、接し方を身につけないとならず、友達と話すのとはわけが違います。
もしもパソコンの操作もできないと言うのであれば、一般事務を目指す前には一通り学んで練習しておくべきです。

基本は、ビジネスマナー、パソコン操作、コミュニケーション能力があれば仕事が出来、あまり計算が得意でなくても、エクセルや電卓が代わりに行なって正確な数値を出してくれるのです問題ありません。
仕事をしていれば接客マナーやビジネスマナー、その会社での契約書や明細書の書き方なども自然と覚えていきます。

ただしスキルアップを目指すならあまり適した職業とは言えず、行なう仕事もある程度決まっているので、覚えてしまえばそれ以上のスキルアップはありません。

TOIECやMOSなどの取得を目指すという方法もありますが、事務仕事にはあまりプラスにはなりませんので、取得後はその資格で他の仕事をするというのも良いかもしれません。

看護師

看護師としての仕事

看護師はほとんどの人が知っている職業であり、それなりに人気の職業です。
その看護師の仕事について説明をしていきます。

看護師としての仕事は、血圧、体温、注射などの治療を補助する仕事を多くします。
また、食事を患者さんに与えたり、ベッドメイキングをしたりすることもあります。
患者さんが不便を感じることなく病院生活を送れるようにサポートするのが看護師の仕事であることが多いです。

他の仕事としては手術の補助です。
実際に看護師が手術をすることは出来ません。
ですから、手術の補助までで必要な機材を渡すなどの作業を行います。
また、手術の準備などもすることがありますので、器具など忘れないようにしないといけません。

看護師がどこで仕事をしているかによって仕事内容が異なります。
大きな病院で入院患者さんが沢山いるところなら最初に説明したような患者さんのサポートをすることが多くなりますが、小さい病院などの場合はどちらかと言うと医師のサポートを徹底することがあります。
ですから、場所によって仕事内容が多少異なりますので注意です。
故に、仕事先の選択によって仕事内容がことなりますのでよく考えて選択をするようにしてください。

どの看護師になるか

看護師と言っても実は幾つかの種類があります。
正看護師と准看護師、そして認定看護師、専門看護師という種類の資格があり、それぞれ特徴や役割が違います。
また、他にも外来看護師、病棟看護師、助産師、保健師などの種類もあります。
そしてそれぞれでなるための方法が異なりますので注意です。

看護師の種類によって出来る範囲や仕事内容が異なっていきます。
また、仕事先も種類によって異なりますので注意です。
それと資格のとり方も異なりますのでそこをしっかりと確認して自分が目標にする看護師になるようにしてください。

看護師の仕事は決して楽なものではない

看護師としての仕事は人によっては簡単に見えることがあるかもしれません。
しかし、実際のところ非常に大変な仕事と言っても良いでしょう。

仕事をする時間も様々あり、大きな病院になれば夜勤勤務などもあります。
また、頭を使うような仕事に見えて、意外なほど体力勝負な部分が多いです。
特に患者さんの診断によっては相当力がないとやっていけない場合もあります。
ですから、看護師としてやっていく場合はしっかりと身体を鍛えていくようにしてください。
そうしないと長く仕事をすることが出来ません。

また、勤め先によっては人間関係なども注意が必要になります。
人付き合いが上手く出来ないと相当こじれることがありますので注意しましょう。

しかし、実際悪いことばかりではありません。
看護師として仕事をしていき、患者さんが元気に退院していく姿をみることでやりがいが出てくることがあります。
大変ことが多くはありますが、人を助けるために仕事をすることができるので人によってはとても生きがいにすることが出来るでしょう。
ですから、頑張って看護師をやっていくようにしてください。

秘書

会社を支える秘書の仕事

秘書という仕事がありますが、この秘書とは実際どのような仕事をしているかわからない人が多いのではないでしょうか。
実際ドラマなどでも多く出てくるのですが、ドロドロな展開に使われることがあり、実際仕事をしているところを見ることは少ないです。
そんな秘書の仕事内容について説明をしていきます。

秘書の仕事内容は基本的に会社のサポート主体の仕事になります。
電話対応、書類作成、来客対応などの仕事があります。
これだけみれば、普通の社員ではと思うかもしれませんが、結構このような仕事が多くあります。
そして、秘書らしい仕事としてはスケジュール管理です。

スケジュール管理は主にトップの人の管理となります。
何時にどのような交渉があるかや移動の時間などの管理をして問題なくサポートをする人の行動させていくのが秘書の仕事です。
執事という仕事似たような仕事をしていくことが多いです。
ちなみに、場合によってはお茶くみなどもすることもあります。

秘書の状態によっては更に様々な仕事をすることがあります。
必要書類や情報の獲得、お中元やお歳暮の交流関係の状態を良くする行動、他の会社員の状態管理、仕事の内容をまとめるなどのような仕事もします。
情報の獲得の良し悪しによっては会社が傾くなどのこともありますので、かなり重要な仕事をすることもあります。
ちなみに、仕事としてすることはかなり低いですが、株式関係の仕事をする場合もあります。

秘書に求められている能力と必要なこと

秘書として求められる能力としては、その場所にもよります。
基本的に万能であることが秘書に求められる能力ですが、そのような秘書はあまりにも少ないです。
ですから、最低限仕事が出来る人材、サポートをして効率を上げることが出来る人材が欲しいところでしょう。

細かな作業や気配り、冷静な判断なども必要になることがあります。
他にも、仕事場によっては知識や経験を必要とする場合もあるでしょう。
また、上記で説明したようなお茶くみ、文章の製作などが出来ることも基本的に必要です。
ともかく、どのような秘書を求めているかによって必要な能力が異なります。

比較的必要なことは、自動車を運転できること、パソコンを普通に使えること、コミュニケーション能力などのことが最低限必要になります。
特に自動車の運転は、トップと行動をする時に必要なことが多いので、女性でも必要になることがあります。
そしてコミュニケーション能力は絶対に必要なスキルの1つです。

個人秘書とグループ秘書

秘書ですが、個人秘書とグループ秘書というのがありますので注意です。
どのような秘書になるかをしっかりと確認しましょう。

個人秘書は大体がトップの人のサポートをする1対1の秘書になります。
常にトップの人と一緒に行動していくことが個人秘書です。
ですから、場合によっては多数の会社を歩きまわる必要がある場合や海外などにトップと一緒に出張をする、トップの気まぐれで動くことが多いです。
と言っても、スケジュール管理もありますので、気まぐれで行動は少ないです。

グループ秘書は会社自体の秘書として仕事をしていきます。
秘書室というのが設けられることがあり、会社全体をみて動くことが多いです。
秘書として会社全体の状態を把握してトップに報告することもあれば、トップの代わりに訪問者の対応をしていく場合も多くあります。
ですから、個人秘書と違って動かないことが多いです。

ただし、どちらの種類とも混ざった秘書を求めるところも多少いるので注意です。
そうなると相当秘書としての仕事が増えます。

ウエディングプランナー

結婚をプロデュースするウエディングプランナーの仕事

結婚式は基本的にはそこまで多くしないものです。
そして、その結婚式をうまく成功させるためにいるのがウエディングプランナーという触手です。

ウエディングプランナーは簡単に言ってしまえば結婚を成功させるためにサポートをする人のことを言います。
あくまでも結婚の状態を決めるのは結婚式の主役たる新郎と新婦です。
しかし、結婚式が初めてという人がほとんどですし、どのようにすればよいかわかりません。
ですから、その結婚をうまく行かせるためにウエディングプランナーがサポートをしていくのです。

サポート方法は話を聞いてどのような結婚式にしていくか、前例などを使って決めるなどのやり方で決めていきます。
出来る範囲でできることを探り、より良い結婚式に出来るようにしていきます。
場合によっては費用内に抑えるための方法などを考えていきます。
トラブル無く結婚式を行えるようにすることもウエディングプランナーの仕事ですので、結婚式のためにもしっかりと用意をしていきます。

ウエディングプランナーの仕事場は専門の勤務地であったり、ホテル、レストラであったりと様々あります。
基本的にはどこも同じで、そこに来たお客様の話を聞いて決めていきます。

ウエディングプランナーとしての流れについて

ウエディングプランナーとして結婚式を提供する時に3つの流れがあります。
それが提案と営業、結婚式の事前準備、結婚式の当日という3つの流れになり、これらの作業をしていきます。
それぞれですることが多くありますので、当日の結婚式を成功させるためにもしっかりとウエディングプランナーとして仕事をしていくことになります。

提案と営業ですが、こちらは簡単に説明するとお客様が自社と結婚式をやっていくかの判断の工程です。
できるだけお客様に自社のプランナーとしての能力を説明していき、使ってもらうように宣伝をしていきます。
必ずしも使ってくれるわけではないので、これがとても重要な場面でしょう。

次に事前準備です。
これは言葉でなんとなくわかるとは思いますが、結婚式までの事前準備に関することをサポートしていく段階です。
当日にどのような結婚式をしたいかを決めていきます。
ドレスや料理、式場のレイアウトなど様々なことを事細かに決めていきます。

理想的な結婚式にしたいならこの事前準備を綿密にやっていく必要がありますので、プランナーとして頑張りどころでしょう。
また、発注するところの選択もありますので、とても重要なところです。
事前準備が失敗すると結婚式自体が悪くなりますので注意です。

そして結婚式の当時ですが、これはそのまま結婚式の準備と進行、トラブル回避などをしていくことになります。
無事に結婚式が終わるようにウエディングプランナーとしての頑張らないといけません。
同時にこれまでの集大成ですから、プランナーとして一番感動するところでしょう。

当日までの流れはこのようになっています。
トラブルなどを出来るだけしないようにウエディングプランナーとして仕事をしていきましょう。

ツアーコンダクター 

ツアーコンダクターの仕事内容について

ツアーコンダクターとは、簡単に言ってしまえば案内をする人のことを言います。
添乗員という方がわかる人が多いとは思いますが、要するにバスガイドなどをしている人のような仕事をする人です。

基本的な仕事としては、ツアー内の説明をしていく仕事で様々なところの紹介などをしていきます。
それ故に様々なところの知識を必要とします。
事前の情報獲得なども仕事のうちなのでしっかりと獲得してツアーコンダクターとして仕事をしていくようにしてください。

ツアーコンダクターは所属しているところでやる場合もあれば、派遣やフリーランスで行っていく場合もあります。
ですから、もしもツアーコンダクターを目指すならどのような形態で仕事をしていくかを考えて選択をするようにしてください。
それによってはやり方が異なります。
ただし、フリーランスなどはそれなりに技術と知名度が必要になりますのでかなり大変な面がありますので、どうするべきかを考えて選ぶようにしましょう。

ツアーコンダクターになるためにも資格が必要になります。
「旅程管理主任者」の資格が必要になります。
「国内旅程管理主任」と「総合旅程管理主任」というのがありますので、どちら、あるいはどちらも獲得する場合はしっかりと資格を獲得するようにしてください。

旅行を一緒に楽しめる

ツアーコンダクターの仕事はお客様と旅をしてそれを紹介していくものです。
ですから、旅行をお客様と一緒に楽しむことが出来ます。
あくまでも仕事ではありますが、ツアーコンダクターになることで様々なところを旅することが出来る場合がありますので、旅好きの人にはとても良い仕事になるかもしれません。

しかし、ツアーコンダクターは誰でもなれるものではないため、その点に注意が必要です。
特にお客様を統率する力や紹介するための知識などが必要になりますので注意です。
実際それなりに技術が無いとツアーコンダクターとしてうまく仕事をすることが出来ないので注意です。

しかし、海外旅行のツアーコンダクターになることで多くの海外旅行をすることが出来ます。
様々なところを行くことができるので良いでしょう。
ただし、最近は治安が悪い部分もありますので注意が必要です。
基本的には安全なところを行くことになりますが、トラブルなども発生することがありますので注意です。

ツアーコンダクターとして必要なこと

ツアーコンダクターになるために必要なものはこのようなものがあります。
その必要なものがないと少々仕事が難しくなります。
ですから、自分が持っているかを確認するようにしてください。

まず、旅を好きであることです。
旅好きでないと説明もうまくなりません。
それに注目するところを理解することもできるので、旅好きが良いです。

次に冷静さがあることです。
ツアーコンダクターをしているとそれなりにトラブルなどが発生します。
それに冷静に対処出来るようにしないといけませんので、冷製でいられるようにしてください。

次に統率があることです。
お客様ではありますが、ツアーなどの進行をスムーズにするためにも統率が取れないといけません。
これが悪いとお客様はいろいろなところに行き、トラブルになることになりますので注意です。

そしてこのツアーコンダクターが好きになることが出来る人です。
正直なところツアーコンダクターは過酷です。
体力勝負ですし、いろいろなお客様を相手にしないといけません。
ですから、好きでないとすぐに仕事を辞めたくなりますので注意です。

あとは、言語力などや調べ物をしっかりと獲得する知識や探し術も必要になる場合があるでしょう。

パティシエ

パティシエという仕事について

パティシエはお菓子を作る人のことを言います。
日本の場合は洋菓子を作る人のことを言い、基本的に和菓子はパティシエという名称では呼ばれません。
主に和菓子職人といった呼び方をされるでしょう。

洋菓子と言っても様々なものがあり、パティシエとしてそれらお菓子を作っていく必要がありますので、洋菓子のレシピを覚える必要があるでしょう。
お客様の指示にそえるような物を作れる必要がありますので、技術面でかなり高い技術と知識を必要とします。
それ故に、パティシエになりたいならそれ相応のお菓子に対しての知識と熱意が必要になります。

パティシエはただ現存する洋菓子を作れば良いというわけではないです。
味もそうですが、見た目なども創意工夫をして作る必要があります。
それこそ全く新しいお菓子を作ることもしないとパティシエとしては良いものではないので、そういった新しい物を作る必要があります。
これが非常に難しいことなので、頑張って研究をしてください。

パティシエはお客様のことを良く考えて仕事をしないといけません。
カロリーをカットしたり、お菓子として使う乳製品などでアレルギーになる人に対応したお菓子を作ったりする必要も出てくることがあります。
ですから、どのようなものが良いのかを考えて作っていくようにしてください。

パティシエとしての仕事場

パティシエとして仕事をする場所は様々あります。
専門店、レストラン、ホテルや式場、工場といったところで仕事をすることが多くあります。
それぞれパティシエとしての技量を十分に出していく必要があります。
ただし、工場のようなところによっては数量を増やすための工夫などをする必要もあり、そこまで新しいお菓子を求められない場合もあります。

他にも、特別な場面でパティシエとして働く場合もあります。
学食やどこかの家庭で作る場合も出てくることがあります。
特に後者は相当有名になるとそのようなことが出てくることがありますので、頑張ってパティシエとしての力を出していくようにしてください。

あとは、老人ホームや病院なども極稀に行く場合があります。
患者に合わせたお菓子を提供していくこともあります。
ただし、そこまで多く派遣されることはありません。

常に新しいものを作り上げいく必要がある

パティシエにとって一番に考えないといけないのが新しいものを作っていくという創造力です。
これが非常に必要な職業と言っても良いでしょう。

上記でも少し説明しましたが、パティシエは新しく作っていく必要性が必ず出てきます。
既存のものでも十分美味しいものであるお菓子ですが、それでもさらなる追求と創意工夫がパティシエにとっては力です。
ですから、そういった考える事ができる人にとっては、パティシエは良い仕事です。

そして、創造力不足ですとかなり大変な仕事になりますので頑張ってください。
創造力を付けるためにも様々なお菓子を知り、それをうまく利用するようにしてください。

保育士

保育士とはなにか、仕事内容となる方法

基本的な保育士の仕事は保育所で仕事をすることです。
保育所は0歳から6歳までの子供を預かるところで、預かっている間に保育士として面倒をみる仕事になります。

昼の食事やおやつを与えつつ、遊び、考える力を付け、感性を育てていくのが保育士としての仕事でしょう。
また、他の子供もいるので、その子供と一緒に遊び、学んでいけるようにするのも仕事のうちになりますが、基本的に子供同士で触れ合っていくのがほとんどです。
子供同士のトラブルなどを回避しつつ、見守っていくことになります。

このような仕事が保育士の基本的な仕事ではありますが、実は保育士は保育所以外のところでも仕事をすることがあります。
親族や保護者が居ない子供の育てていくところや障害を持っている子供の施設などにもいくことがあります。
故に保育士と言っても様々な仕事現場があると思ってください。
自分がどのような仕事をしたいかを考えて保育士の仕事をするようにしましょう。

保育士として働くには保育士資格が必要になります。
保育士の資格は国家資格となっているので、それを獲得できるような勉強や条件をクリアするようにしてください。

資格の方を獲得すれば保育士になることができますので、知識を獲得するようにしましょう。
大体の場合大学や短大、専門学校で勉強をして保育士としての知識を獲得して資格を受けるというのが多いのでどのようにしていくかを考えていくようにしてください。

保育士の大変なこと、良いこと

保育士として大変なことは、なんといっても子供がいうことを聞かない場合がほとんどという場合です。
特に、活発な子供はいうことを聞きませんので子供の操作が非常に難しいです。
体力を必要とする仕事でもありますので、体力不足で辞めていく人も多くいるので注意が必要でしょう。
そして、子供によっては汚れを出してしまい、それを取り替える作業もありますので、その手のことが苦手な人にとってはかなり難しい仕事になります。

現状保育士の数が少ないこともあり、保育所によっては人数が不足して自分にかなり負担がかかることもありますので注意です。
待遇の方も良いとは言えないのでよく考えて保育士になってください。

保育士としては良いという点は、子供が好きな人にとってはとても良い環境でしょう。
子供と一緒に遊び、学んでいくことができるのでとても良いです。
また、保育士として見ていく子供がすくすく育つのも良いことです。
卒業していく時の達成感を獲得することが出来るでしょう。

これからの保育士

上記で少し説明しましたが、保育士は数が現状少ないです。
また、保育所の方も数が少なく、待機児童も多くいます。
ですから、保育士が1人でも増えることはとても良いことです。
多くのところで求められているので、保育士として仕事は探しやすいかもしれません。

ただし、保育士としての実力がある程度必要になるところが多いし、馴染めない保育所などもありますので注意しましょう。
それでも保育士が増えていくことを望んでいるところがありますので、保育士になってみると良いです。