メディカル系の転職動向

■メディカル系の仕事
メディカル系の仕事と聞いてもいまいちどのような職種なのかピンとこない方もいるかもしれません。
メディカル系とは、主に医療従事者や、介護福祉者のことを指し、医師や看護師など医療現場での臨床にかかわる職種から実際の医療行為を行わないまでも、医療分野に携わる職種のことを表しています。
このため、具体的には医療事務や病棟管理、臨床試験のモニターおよびその管理、MRなどをあげることができます。

これらは、行う業務はそれほど専門的な物ではありませんが、専門的な知識を求められることや、特殊な書類を書くことになることもあり、さらにそれが人の命や健康にかかわることがあるために、資格試験を設けられている場合もあります。

また、メディカル系の多くの職種で医薬品を扱ったり医療関係の書類を作ることになります。この際に、資格を取るときに必要とされなかったような知識も求められることがあるため、就職してからも勉強をすることを求められることもあります。

■メディカル系ワークの例
昨今、知名度が上がってきている職種にMRがあります。
MRとは日本語に直すと医薬情報担当者という名前になり、その名の通り、医療従事者を訪問して、医薬品の適正な仕様を指導することや、医薬品の品質や安全性などについて情報の提供などを行うことを主な業務としています。

そのため、製薬会社の営業担当のような業務を行うことになりますが、実際には情報収集やそれをもとにした製品開発に主眼が置かれたもので、売上を第一に考えるというわけではありません。
また、MR認定試験もありますが、この試験を合格していなければならないわけでもなく、MRとしての仕事をこなしながら経験を積むこともできます。

勿論、メディカル系の仕事としては、医師もあげることができます。
医師は病院に勤務することがほとんどですが、自分で開業をしたり大学病院で研究を主に行ったりとその仕事内容も様々なものです。
その他にも、看護師や薬剤師など国家資格の取得が必要な仕事もあるため、これらの職業に就きたいと考える場合には法定の学校に通い試験を通過しなければなりません。

■メディカル系の職種の転職
メディカル系の仕事に関する求人は、現在も増加傾向にあります。
特に日本では少子高齢化が急激に進んだことや、特に地方において医師不足に悩まされているという現状があります。
このため、医療専門の求人サイトも多くあり、中には高待遇の案件も多く見つけることができます。

また、医師の場合には研修医制度が変わったことによって、医局を気にすることなく転職を行えるようになってきてもいます。
地方に出て病院に勤務することや、より自分のやりたい環境にあった職場で働くことができるようになりました。

他業界からの転職も無資格であっても付ける職業は多くあるため、メディカル系への転職も選択肢として選ぶことができるようになってきています。
福利厚生や、待遇も優れた所が多いため、一度就職してしまえば、安定して働くことができる点もメリットとなるでしょう。

営業マンの転職

■様々な職種
一つの企業の中には様々な事業や、それを円滑に進めるための業務があります。
一般的に、メーカーの場合には部品を作るための原料を調達するところから、様々な部品を製造し、それらを組み立てて出荷が可能な状態にしたあとに、その在庫を売るための営業があり、またそれを支えるための販促として広告があります。
この工程の中には実に様々な仕事をしている人が関わっており、広告を行うためにも、映像を作る人や出版物を作る人、キャッチコピーを考える人など、世の中にはたくさんの職種があることが分かります。

そして、これらの質が高ければ高いほど、その会社の製品は売れやすくなることは間違いなく、一方でどの事業や職種についても優秀な人材を揃えるというのは難しくなります。
そのため、現在では、業種として専門的な会社が存在しており仕事を受注して、その会社に蓄積されたノウハウなどをもとに形にして提供するというBtoB型のビジネスも盛んに行われています。

これは、これからもさらに増えていくことが予想されます。
特に、IT関係の目覚ましい発達によって必要な知識や技能というものが次々に生み出されていたり、医療分野でも新しい治療法の確立や、インフラにおいても革新的技術の登場など、人が就労することになる職業は尽きることがないでしょう。

■営業という仕事
様々な職種が増える一方で必要がなくなってきている職種や、もう無くなってしまったような職種もあります。
例えば、電話をかけるのにも、当初はターミナルに交換手と呼ばれる電話から電話へと取り次ぎを行う人の存在が必要で交換手という仕事がありましたが、現在は自動化されたために必要がなくなりました。
それ以外にも、ガス灯をつけるひとや、改札口で切符をチェックする人なども自動化によって現在は機械で行うようになりました。

しかし、そんな中でも消えなかった職種が営業です。
営業とは、製品やサービスを顧客に売り込みに行くことが仕事であり、利益に直接かかわる分野となります。
このため、どのような企業でも必ず営業部は存在し、営業成績によって給与が変わることも一般的です。

その特徴は、どの会社でも必要な能力が変わらない点にあります。
自社の製品やサービスを理解してもらい、購買意欲を上げさせ、契約にこぎつけるために、コミュニケーション能力や、営業を行う相手を選ぶためのマーケティング能力など、どの企業でも根本的に必要な能力は変わることがありません。
また、特殊な技能を必要としないため、文系の学生が就職した際に選ぶ職種ということも多いです。

転職についても、上記のように会社ごとに方法が違うことや身につけなければならない技術が大きく買わないために、比較的転職がしやすい職種だと言えます。
そのため、違う業界に転職することや、キャリアアップを狙って転職を行うこともでき、柔軟性が高いワークライフスタイルを構築することができます。
その一方で、転職市場も大きく倍率が高くなる場合もありますので注意が必要です。

インターネット業界の転職動向

■インターネット業界について
インターネット業界とは、IT革命が声高に叫ばれ、日本ではネットバブルと呼ばれるインターネットを用いたサービスを提供する会社が乱立していった2000年前前後から発達をしてきた業界を指します。
そのため、実際の事業内容での業界の分け方ではなく、「インターネットを使って、事業を行う」ということが条件となります。
この中でも、インターネットの特性を活かした、情報提供サイトや現在ではポータルサイトと呼ばれる、特定のジャンルの情報について集約し、サイト内検索などで、必要な情報を手に入れることができるサイトを運営している会社が主なインターネット業界の会社として知られています。

展開されるサービスは、情報提供だけにとどまらず、ショッピングサイトや動画ポータルサイト、ゲームなど非常に幅が広くなっています。
特に、SNSと呼ばれるインターネットの水平方向への繋がる力を利用したコミュニケーションツールは今や人の生活と密接にかかわるものへと変化してきており、Eメールなどのやりとりにインターネット回線を使うものではなく、インターネットの中でコミュニケーションを完結させることが2000年代半ばごろから可能となりました。

現在では、インターネットで利用ができるサービスが増えたことや、法整備が進んできたことから、インターネット業界さらに活性化をしています。
リーマンショックに端を発した世界的経済危機の状況にあっても、木の業界だけは成長を記録し続けており、現在は、インターネットを扱える端末が多くなり、それによる変化も表れています。
特に、スマートフォンやモバイルタブレットをはじめとした、インターネットを利用することがより身近になる端末の登場によって、これまでのパソコンを主なプラットフォームと据えていたインターネット業界は、それぞれにあったサービスの開発や、企画を打ち出してきており、今後も大きな発展があることが予想されます。

■インターネット業界で働く
インターネット業界がまだその可能性について模索している時期には、その業界で働く人の大半がプログラマーやエンジニアであり、システムの開発やサービスの仕組みを整えることがメインでした。
しかし、近年になってその可能性がさらに広がってくるとプログラマーだけでなく、企画や営業を主に行う人も多くなり、今では、一つのIT企業の中に様々な仕事を行う人がいます。
そのため、一見専門的な知識と技術が求められるような企業に感じられる業界ですが、通常の企業と変わらないような役割を担う人材の募集も行っており、様々な業界からIT業界へと転職するチャンスも多いです。

特に、今はスマートフォンの普及により、より広い層の人がインターネットを活用したサービスを利用するようになっており、今後も趣向を凝らしたサービスの展開が業界に求められています。
その企画者となることや、マーケティングを調査する営業など、自身の能力が活かされる会社を見つけることも容易でしょう。

金融業界の転職動向

■金融業界で働く人の転職
銀行員や証券マンと聞くと、数ある職業の中でも花形であり、あこがれを持って金融業界で働くために就職活動を行っている学生も多いでしょう。
特に、銀行員に関しては、企業経営自体が安定していることが多く、また様々な企業とのやりとりで事業にかかわることになったり、株に携わることになったりと、とにかく大きな額のお金を動かす仕事とあって、営業にはやりがいがありそうだと感じる人も多いでしょう。
それ以外にも、銀行窓口の受付係や、銀行事務も福利が安定しており待遇も良いというイメージが一般的です。

また、銀行員をはじめとした金融業界で働く人は、その実績や経験によってキャリアアップや違う業界へと転職することが多くあります。
これは、経済や経理に深くかかわる業界ならではのもので、例えば信託銀行で信用取引の実績を積んだ人がより、ベンチャー志向の取引会社へと転職するなど、その動きも幅広いものです。

■金融業界について
金融業界といっても、その内容は実に様々です。
企業や個人と資金の貸し借りや預金を行うことによって利益を得ることになる銀行や、個人の顧客などから資金を信託してもらい、銀行側が投資によってその資金を増やした後に、顧客へ利息を付けて支払う信託銀行や、株取引などを行う証券会社なども含まれます。
さらに保険会社や投資会社もこの中に含まれるため、一口に金融業界と言ってもその裾野は非常に広いものです。

また、普遍的な銀行でもいわゆるメガバンクから大都市に本店を持ち周辺地域を巻き込んだ大規模展開を行う都市銀行と地方に本店を持つ地方銀行など、銀行にも様々で、果たす役割として含めれば、信用金庫や協同組合といった期間も同じようなサービスを展開しています。
そのため、実は、銀行で働くと言っても、そこで求められる仕事や能力は、銀行によって異なるのです。
勿論、これにさらに保険会社や投資会社も含めるとさらに、細分化されるため、この業界へ転職や就職を考えている場合には十分に研究をしてから考えるのが良いでしょう。

■金融業界への転職
金融銀行へ就職するとなると、原則的には終身雇用に近いような形での新卒採用となります。
これは、銀行ごとにシステムが異なることや、行員の仕事が大きな金額を動かすだけにきちんとした社員教育が必要となることが要因として挙げられます。
このため、中途採用で銀行員になるチャンスというのはなかなかありません。

ところが、近年、リーマンショックから立ち直り始め、円高から円安傾向へと動き始めたこともあり、銀行や各種金融会社は中途採用でも即戦力となるような人材の確保へ動くこともあり、転職を考えている人にとっては有力な時期となってきています。
特に、ファイナンス分野で実績を持つコンサルタントを行う人材や、コンプライアンスに対する意識の高まりから、内部監査を行うための人材の採用などに関しては中途採用に対して意欲的な銀行が多くなっています。
ただし、これらの求人は非公開で行われることが多いため、情報網を広げておくことが重要です。

優良企業と呼ばれる企業が増えて欲しいです。

優良企業とは

中小企業、大企業など、企業にもたくさんありますが、中小企業だから悪い、大企業だからいい、といったことはないと思います。
一流企業と呼ばれる企業は、大企業がほとんどであると思いますが、これは、経営が不安定ではない状態の企業だといえると思います。
それが優良企業なのかというと、私はそうは思いません。

経営が安定していると、社員の給料や有給休暇なども安定しているかもしれませんが、そこで働いている社員が、はたしてやりがいを持って働いているかどうかというと、そうでない場合もあると思います。

社員一人一人、価値観などは異なっていますが、その社員一人一人が、それぞれの価値観を満足できることが優良企業と呼ばれる企業には必要ではないでしょうか。
人のために役立つ仕事がしたい、資格を活かせる仕事がしたい、感動を与える仕事がしたい、など、一人一人によってさまざまな要求があります。

 

会社と社員

これらの要求を全て満足させられる企業がどれだけあってそれから、企業というものは、社員がいて成り立つものだと思います。
社員がいなくては企業は成り立ちませんし経営者の方たちもこれくらいのことは知っていていかに社員のやる気を引き出すことができるかということを、常時考えているものと思われます。

社員が生きがいややりがいを持つそしてそこから初めて仕事に取り組めることが非常に重要ではないでしょうか。
中小企業にも、このような企業になる可能性はたくさんあると思いますし中小企業で働く社員の皆さんも、その会社を選んだ理由があります。

社長がとてもすばらしいとか、勤めている従業員の方たちがとても親切であるとか、そこでしか経験できない貴重なものはたくさんあります。
そういったことで、中小企業も今後、さらに盛り上がっていって欲しいと思います。

 

仕事に対する価値観

ボーナス時期になると、大企業などの平均額がテレビなどで報道されたりしますが、給料がいくらよくても、その仕事に満足できなければ、それは、優良企業にはならないと思います。
以前、私も、ある大企業の関連会社に勤めていたことがありますが、ネームバリューのある大企業でしたので、そこで働けることは非常に誇りに思えました。

たとえ関連会社ではあっても、自分も頑張ることができたと思います。
私の中で、業界トップクラスの大手企業のもとに仕事ができることが価値観でもあったためだと思います。
しかしながら、その大手企業も、退職するまで安定して勤められるかというと、そうでもないようで、早期退職を求めることもあるようでした。

社員が定年まで安定して働ける企業というのは、現在の経済状況からすると、非常に厳しいことかもしれません。
さきほど述べました、価値観を満足した上でこういった定年まで安定して働くことができる企業こそが、優良企業というものになるのではないでしょうか。

生き残りの激しい現在の日本に、こういった会社が存在するかどうかは分かりませんが、一社でも多く、優良企業と呼ばれる企業が多くなって欲しいものです。

転職市場

不況の始まり

昨今の転職市場は求人件数が激減した1年でした。
2008年の年初から予兆はありました。
サブプライム問題から派生した金融危機により、その年の6、7月ころに国内大手の不動産が倒産したころから一気に加速しました。

特に9月のリーマンショック以降はほぼ全業界、全業種、全職種で業績が悪化の一途をたどりその結果、固定費削減のために人件費のカットに乗り出す企業や採用に投資する余裕のない企業が激増し、求人件数は激減しました。

状況は決して良くはありませんが、求人を出す数を持続している業界もなかにはあり、その代表となるものが、エコロジー分野です。この先しばらくは世界の状況を見てもエコロジーを大切にする動きは続くとみられており、求人が求められる動きは堅調を維持するでしょう。
また、外食をメインとしているサービス業界も人数が足りず、困っている状態が続いています。

 

外食業界の動き

restaurant外食業界全体に言えることではなく、比較的安価で提供している飲食店の求人の幅がどんどん増えていますが、景気が良い時期には消費者側にも経済的な余裕が少しはありました。

多少料金が高かったとしても、美味しいものが食べられる飲食店に人気がありましたが、不況に入ったことで皆、財布の紐を閉じるようになり、
今までよりももより安い店に行くようになりました。

そこでなるべく値段層が低い比較的庶民に向けた店が繁盛し、人手が足りなくなっているというわけです。
特に需要が高くなっているのは店長候補、さらに一定の場所を監督できる人です。そもそもこの業界自体が、常に一定して人材不足なので、この状況はしばらく続くと見ています。

 

IT業界の動き

IT業界も飽和状態とはいえ、全てをよくみると実は人手は足りておらず、求人件数も減少していませんが、システムを新たに開発して欲しいとのニーズもまだまだ高いまま保っています。
もっとも不況だからこそなのでしょうが、新規開発案件よりもリプレイス系の割合が増えているようです。

メーカー、一般企業ともに満遍なく求人はありますが、職種では最もニーズが高いSEを中心に、C++やJAVAなどのオープン系プログラマー、プロジェクトリーダー、マネージャーも相変わらずニーズは高いです。

商社が求める人の数は驚くほどは減少しておらず、最近の資源高騰により利益を高く上げており、常に人手は足りていません。
大手総合商社すなわち日本のトップ企業のなかでも、営業利益のおおよそ大半といっても過言ではない分量の資源などのいわゆるエネルギー部門が稼いでいる所が垣間見られます。

 

企画・開発

また、2007年・2008年の半ばにかけて、商社の投資銀行機能、いわゆるベンチャーキャピタル機能が注目されましたころのあの時期、基本的にはお金を動かすのはやはり金融機関であり、ビジネスを動かすのが商社であるのは周知のことではあります。
しかし商社が自身のサプライチェーンを使ってビジネスマッチングを行い、投資の機会にしていきました。

商社が資源で上げた利益を事業投資に使い始めたということであり、すなわちそれができる人材が求められていることは確かです。
職種名でいうと事業企画・事業開発などです。

雇用の状況

データを見る

転職の市場は、雇用に対する全体に取り巻く問題と相関な関係にあります。
まずは全体をつかむことから始めたいので、雇用状況のデータつまりは雇用全体を浮き彫りにしている現われの部分、見方によって大きく読み違えがちです。

まず長期的な表れをを押さえておきたいため、特に買い手と売り手の需給バランスを単純にに表すのが求人の倍率を示したデータです。
バブル期のピークであった1991年卒業者の2.86倍(学生1人当たり求人数)に対して、2012年卒業者では約6割減の1.23倍となっています。

需給バランスだけでいえば、1996年の金融不況と2000年のITバブル崩壊に次ぐ低さです。
しかしながら求人における総数をのぞいてみると、1991年には84万件もの数値に対して、2012年には56万件という−33%もの減少ぶりです。

求人の倍率−57%からすると大きく離れています。
この差にができている原因は大学生(就職を希望している学生)の増加によるものだと考えられます。
サービス業の多彩な内訳だが、ここ最近の求人における件数の動きをみてみると介護の分野、人材系、「IT・情報通信連」がけん引しています。

 

ITや情報・通信系

bil特に、IT関連職は、スマートフォン、ソーシャルアプリ、クラウドソーシング、ビッグデータ解析など、求人需要が同時多発的に増加していることもあって、就業人口の伸びが、需要の急増に対応できていない“未曾有の採用難”と言っていい状況にあります。

2012年以降も、この傾向は続くばかりか、ますます激化する様相を見せていることによりIT人材の育成は、日本の雇用政策上、重要な焦点のひとつと言ってよいでしょう。

もう1つの変化は、需要の増え方に左右されない厳し過ぎる採用の傾向だが特に、90年代における後半に起こった金融バブル崩壊以降、海外企業との競争が一気に激化する中で、「終身雇用」「年功序列」が崩れました。

一方で、一気に「成果主義」の導入が進みます。
それと同じような時期に「いかに暇な人、余った人材を持たないで、使える勢力のある人間だけを残した組織にしていくか?」という課題が形になってはっきり現れています。

 

才能のある者を欲する

最終的に「少し人手が足りない事態が起こったとしても、採用基準を低くすることはない」という厳しく選んでいく採用が定着化しました。働きたいとい言っている人の数とと実際の新しく雇う側の人数にかなり差が生まれています。
もし運良くどこかの会社に入れたとしても、 成績が悪くなっていけば、まもなく時間の経たないうちに、首を切られる(リストラ)に合うことになります。

その場だけの一瞬の転職ではなく、なるべくできる限り自分自身が、勉強し続けられる姿勢を保てる様な仕事探しが出来れば、転職の苦労や失敗を克服することもできるでしょう。
涙ぐましい努力して経験を積んでいたとして、運悪くリストラされたとしても、 努力した姿勢とそこから学んだ知識は後々に生かせるものです。
まずは何事にも前向きに進みましょう。

転職の現状

転職も慎重に

pcもはや2人いれば1人が転職経験があるという現状に、いまや転職が珍しくない時代となりました。

しかし、ここ最近では会社を変えることに慎重なビジネスパーソンが増えてきている現状があり、リーマンショックによる経済に招いた危機や東日本大震災によってかなりの不景気が続いていた日本経済におけるの転職市場も、2012年以降はかなりの活性化をとげ、買い手市場が盛んになるのではと言われています。

それでも転職希望者は増加しないのだろうかと思われるが、これまでは景気と連動して増減してきた転職希望者に何か変化は起きているのでしょうか。
今回は、その実態に切り込んでいきたいと思います。
明るい口調で工場長や先輩に挨拶をし、職場を後にするのは食品卸メーカー勤続3年目のSさんです。

 

転職経験談、Sさん

Sさんはある日の帰宅後、自宅に戻るやふと自分のパソコンの転職関連のサイトに登録してみました。
まもなく「あなたに最適な仕事があります」とスカウトメールの文字が目に留まり、正直興味半分で登録したそうです。
その文字に心が揺り動き、一〜二週間ほど悩んだ末、応募してみると、つぎつぎ面接をこなし内定をとりました。

そこで早速退職の“報告”として上司にその旨を伝え、会社側は、寝耳に水の報告に慌てて引き留めましたが決意は固く、結局Sさんの意向通りに翌月末で退社することになり、3週間の有給休暇を消化し、転職することとなり、転職先はネット広告の代理店で、オフォスは地方の工場から渋谷のど真ん中に大移動しました。

Sさんは職場における環境が大きく変化することがかなり嬉しいようです。
「今までの仕事は工場の事務室でした。しかしその職場での若手は一人だけでした。このままずっと、この環境で過ごすことができなさそうだったので、やめることを決意しました」とのことでした。

 

退職報告

退職にあたって、はっきりと転職先まで伝えての堂々とした姿に上司は少々驚きを隠せず、以前は、「実家の母が病に倒れたので、介護をするために地元に行きます」や、「自分の人生を試したいので、海外へ旅経ちます」などといった、嘘の理由で会社側へ退職を理解させる社員が大半だったからです。

今でも慰される面倒を避けるため、偽りの理由で会社を辞める人はいますが、以前に比べて転職先をオープンにするようになってきたのは確かです。
それだけ転職する人が増えたと言えるのかもしれません。
実情として、日本において年間転職人口は300万人にのぼり「労働力調査」(2011年2月)によると、転職希望者は約600万人ですから、希望者の2人に1人が転職を実現していることになります。

ちなみにビジネスパーソンが転職を決意する機会は大きく3回に分けることができ、まず1回目は入社3年目までと、新卒入社組とほぼ同じ条件で行われる第二新卒採用と呼ばれるポテンシャル(あくまで素材として)重視の転職があります。
学生時代の会社選びに違和感や違いがあった場合、再びやり直すという意味もあります。次は入社5年から30歳前後です。

 

やり直しは出来る

このことから、働き手の20才代〜60才代まで幅広いですが、企業の求める人材と転職希望者の動きがマッチして活性化しているのは35歳までです。
みなさんの職場にも中途採用で入社してくる同僚は20代が大半で、30代の人が少々くらいといった感じであり、また最近では、転職の手段もかなりバリエーションが増えてきています。

そして転職先を斡旋してくれる人材紹介型の会社もリクルートエージェンシーから、外資系の専門企業などまで、志向に合わせて数多く存在します。
こうした環境が整備されたことによって、転職が当たり前になっていったといえますが、当たり前になりつつあった転職も、ここ数年は希望者が徐々に減少してきているようです。