調理スタッフ

料理を行なう人

調理スタッフと言っても、それは幅広く、レストランの調理人から、居酒屋やカフェ、ファーストフード店、さらにはホテルや菓子店などいくつもあります。
菓子を作る場合はパティシエなどとも呼ばれますが、料理を行なう仕事が調理スタッフと言って良いでしょう。

それは料理を作るばかりでなく、材料の仕入れから下準備、盛りつけに、清掃まで行ないます。
調理にしてもメニューごとに分担して行なうような場合もあります。

ただ仕事をするとなると、特に必ず取得しないとならないという資格はありませんが、未経験で始めるとまずは見習いからスタートです。
板前なども調理スタッフということが言え、仕事をスタートしたばかりの新人のころは、雑務ばかりです。
最初は調理は行なわせてもらえず、材料の仕入れや店舗の清掃などを行なっていき、少しずつ調理を覚えていきます。

ファーストフード店などであれば、最初から調理する事が出来、すでにどのように焼いたり蒸したりすれば良いか決まっています。
マニュアル通りに行なえば良いので、これといった調理スキルも必要ありません。
しかし板前やパティシエを目指すとなると、少しずつ調理して覚えていくようになり、教科書はありませんので、見て覚えるしかありません。

このようにしてどこで働きたいかによっても、スキルが必要かどうかも決まります。
ファーストフード店などでは調理スタッフとして募集していることもあり、店員がホールスタッフであるのに対し、料理するのは調理スタッフになります。

このような店舗での仕事はさほどスキルは求められませんが、パティシエや板前となるとスキルが必要になります。
特に実力世界なので、何年経ってもスキルが磨けず向上しないとなると、他の道も探さないといけなくなります。
このような専門的な世界の調理スタッフは、厳しい世界であると言えます。

食に関する知識が身につく

仕事をするには、まずは調理専門学校などに行って、勉強して学んでから、調理スタッフを目指すという方法もあります。
最初に専門学校で学べば、食に関する知識が身につきますので、仕事を始めると役に立つかもしれません。
食の知識が身につけば、仕事ばかりでなく、日常生活でも料理するのに役に立つかもしれません。

仕事をする上では、やはり衛生面は気をつけるべきであり、常に清潔にすることを意識しないとなりません。
またどのような職場でも、他の人々と一緒に仕事をしますので、コミュニケーション能力も求められます。

自分で料理して作っていくような、パティシエなどの仕事では、新しいメニューを考える能力も必要です。
どのような店舗でも、立ち仕事であり、体力も必要となる仕事であるのは間違いありません。