ライター

記事を書くのが仕事

ライターというと文章を書くのが仕事であり、コピーライターとは仕事内容は違います。
文章を書き記事として制作し、それは雑誌や書籍、フリーペーパーやブログなど、媒体はいくつもあります。
おもにクライアントや編集者からこのようなテーマで文章を書いて欲しいと依頼があり、そのテーマを元にして文章を作成していきます。

文章は媒体によっても書き方が違ってきて、ブログ用と書籍用では違いがあります。
また文章を仕上げていく上では、ただ文章を書いていけばよいというわけはなく、読みやすく、それでいてなおかつその中に読み手に伝えたいことが凝縮されている必要があります。

まったくテーマと違う内容や、同じ内容を何度も繰り返して書くようでは、ライターとしては仕事が勤まりません。

そして仕事では文章作成と同時に、取材やインタビュー、参考書などを調べるということも重要です。
取材したりインタビューした内容をまとめて記事にするようなこともあり、また依頼されたテーマがライター自身良くわからない内容であれば、参考書や書籍、インターネットなどで調べないとなりません。
時には、文章制作時間よりも、調べる時間の方が多くなるようなこともあります。

またライターでもシナリオライターなどのように、特定の分野で活躍する人もいます。
さらには、芸能人や経営者の代わりに執筆を行なうゴーストライター、大統領や政治家の演説内容を考えるスピーチライターなど、特殊な場面で活躍するような人もいます。
ライターとしてもフリーで活躍するような人もおり、売れっ子となると、サラリーマン以上のお金を稼ぎます。

文章を書ければなれる

ライターになるには、特に資格が必要ありませんので、ライターとして肩書きを名乗ることも出来ます。
ただし、書く文章によっても、センスがありますので、良い文章が書けなければあまり仕事はありません。

出版社や編集プロダクションに入社して書籍などのライターとして活躍する人、養成スクールに行って最初からフリーを目指す人、アルバイトで仕事をしてスキルを磨いていく人など、進む道は人それぞれです。

仕事をするには、求人を見つける、企業などの募集を見て応募する、出版社などに企画を持ち込むなどの方法があります。
ただしどのような場合も、実績として書いた文章や記事を見せてくださいと言われるので、未経験から始めるには、小さい仕事をコツコツこなして、実績を積むしかありません。
そして未経験だと、ライターとしての収入は少ないので、大変です。

または編集アシスタントなどとして、間接的にライターとして仕事に関わっていき、徐々に仕事を覚えて、スキルも磨いていくという方法もあります。