マーケター

社会のニーズを算出する

マーケティングとは、一言で言えば人間や社会のニーズを見極めてそれに応えること言えます。
そして何かを行ない、それに対する反応があってこそ、マーケティングが成り立っているとも言えます。
つまりは相手が求めていることを、具体的に正しく把握し、それに応えるように対応するということになります。

そこでマーケターというと、マーケティングを行なっている人と言うことになります。
相手の求めていることを算出し、見込み客として取り入れ、サービスや製品の販促に繋げるのです。

マーケティングを行なうのは、一般的に市場と呼ばれる、消費者が活動するエリアであり、ダイエットや健康食品、美容商品などの場合に、マーケティングが行なわれることが多いです。
そしてマーケターの重要な能力は、市場の創造であり、商品やサービスが売れるような市場を開拓していくことにあります。

マーケターの仕事

マーケターは、それ自体を職業として募集しているような企業は少なく、日本では社員に専属で仕事を任せることもあります。
しかし最近はインターネットの発達で、ネット広告や通販サイトが増えて一般的になってきたので、通販向けのマーケティングを行なうような企業はあります。
通販向けのマーケティングツールなども充実してきています。

・市場洞察力
まずマーケターとして仕事をするには、市場洞察力が必要であり、市場がどのように移行していくか判断しないとなりません。
市場の変化を敏感にキャッチし、変化の予兆を見ることによって、製品をいち早くその市場に仕掛ける事が出来、販売に繋げられます。
この市場洞察力がないと、マーケターとしての仕事は勤まらず、市場を分析する能力が必要です。

・ユーザー理解
ここで言うユーザーとは消費者のことであり、どのように製品やサービスを仕掛ければ、ユーザーが興味を持ってくれるか考え把握します。
どんなに良い製品やサービスがあっても、ユーザーにその利点を伝えられなければ、見向きもされず、売り上げにも繋がらないのです。
そのためには、まずはユーザー視点に立つ必要があり、どのような部分を見ているのか把握しないとなりません。

そうしてこの市場分析とユーザー分析の2つを行ない、製品やサービスをこのようにアプローチしたら、販売に繋がるだろうと道筋を立てます。
このような道筋を立てることによって、企業はそれに基づき広告を作っていき、ターゲットを絞ります。

ただマーケターの仕事を言い換えれば、顧客の獲得や創造ともなり、顧客に繋がらなければマーケターを企業が使う意味もなくなります。
どれだけ市場やユーザーを的確に分析し、顧客創造にどれだけ繋げられるかが、マーケターの腕の見せ所とも言えます。