建築士

図面作成が仕事

建築士は大工とは違う仕事であり、住宅やビルなどの建造物の設計図を制作して、図面を元に現場で指揮をします。
建築会社や住宅メーカー、設計事務所などで働き、中には個人事務所を開いて独立する人もいます。

最初から図面を制作するのではなく、まずはお客様から予算や建造物のイメージを聞き、それに基づいて図面を作っていきます。
スタイリッシュにしたり、清楚感を持たせたりと、建造物のイメージによって、設計図も違ってきます。
そして設計図を制作する段階では、ミニチュア模型を製作することあり、これによってお客様に完成イメージを伝えます。

大まかに構造が決まると、次は使用材料や内装を決めていきます。
また材料の他に、どのような色合いにしていくなど、イメージに合わせて選んで決めてきます。
ただお客様の予算がありますので、予算内でどれだけお客様のイメージに近づけられるかが、建築士の腕の見せ所です。

設計図を元にして現場で工事を行なうのは、大工や左官の仕事ですが、仕事内容を監督する事も行ないます。
ただ終始現場にいるのではなく、時々顔を出して、進捗状況を見て、設計図との相違点があれば修正などの指示を出します。

実務経験と学歴が必要

建築士として仕事をするには、まずは国家資格を得ないとなりません。
しかし資格試験を受けるためにも、受験資格がいります。

それは高校の建築・土木科を卒業し、実務経験が3年以上必要です。
または大学や短大の土木科を卒業し、実務経験を1年以上積めば試験を受けられます。
ここでいう実務経験とは、設計事務所や建設会社での仕事であり、土木科以外の学部の人は、実務経験を7年積めば受験が出来ます。

建築士にも、木造建築士・二級建築士・一級建築士と3つあります。
木造建造物のみの設計が出来る木造建築士、500平方メートル以下の建造物の設計が行なえる二級建築士、あらゆる建物の設計が出来る一級建築士があります。

設計士の資格は、まずは木造または二級建築士の資格が得られて、その資格取得後に4年実務経験を積むと、一級建築士の資格試験に臨めます。

建築士は実力主義の世界であり、資格を得たとしても必ずしも仕事にありつけるとは限りません。
設計事務所に採用されるには、建造物設計のセンスが必要であり、資格取得はまずはスタートラインにすぎません。
そこから先は如何にしてセンスを磨いていけるかというのが、仕事への道となります。

厳しい道なので、資格を取得せずに、大学卒業後は不動産やハウスメーカーに行く人もいます。
建築士としてセンスを磨くなら、ガウディなどの有名な建築家の建造物を見るというのも、少しは役に立つかもしれません。
まずは建築士は何をするのか、どのような知識や技術が求められるのか調べてみると良いでしょう。