パイロット

資格がいくつか必要

パイロットになるには、定期運送用操縦士・事業用操縦士・自家用操縦士という3つの資格のどれかで飛行機を運転できるようになります。
定期運送用操縦士はJALなどの航空会社のパイロット、事業用操縦士は農薬散布や警察などのパイロット、自家用操縦士は個人でセスナなどを運転するための資格です。
さらには防衛大学へ進むと、自衛隊のパイロットも目指せます。

航空会社のパイロットを目指すには以下の2つがあります。

・航空会社に入社して、パイロット養成訓練を受けて、ライセンスを取得する。
・航空大学校に入学して、在学中にいくつかのライセンスを取得し、その後航空会社に入社する。

どちらの道を進むにしても、ライセンスを航空会社に入社後に取得するか、入社前に取得するかという違いがあります。
航空会社に入るには、高卒でも採用している会社はありますが、少ないです。
自社養成のパイロットの採用は、採用数が少なく、狭き門であり、倍率も高いです。

また自分で学校へ行かずに、ライセンスを取得して、航空会社を目指すという方法もあります。
さらには、東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻では、在学中にライセンス取得が出来るようになり、パイロットに必要なライセンスは、取得しやすくなっていると言えます。

大学としてはその他に、法政大学理工学部機械工学科航空操縦学専修、桜美林大学フライト・オペレーションコース、崇城大学工学部宇宙システム工学科専修過程パイロットコースもあります。

飛行経験を積むことが重要

航空会社でパイロットとして働く場合は、旅客機を操縦して、目的地までに人と貨物を安全に運びます。
コックピットに座って操縦するのみならず、操縦前と後も仕事はあります。
出発前には副操縦士やキャビンアテンダントとミーティングを行ない、気象データを確認し、整備状況を確認します。

コクピットに入ると、燃料確認、飛行データ入力、計器類確認、エンジンスタート準備などを行ないます。
そして管制塔と無線連絡して、離陸許可が出れば旅客機を走らせ、空港から離陸となるのです。

また時には旅客機もトラブルに見舞われる可能性もあります。
そのような場合は、副操縦士と協力して、トラブル回避を行ない、旅客機を安全に近くの空港まで誘導します。
燃料不足などあれば、近くに緊急着陸する可能性もあり、トラブル時は機長や副操縦士は、特に冷静になって対処しないとなりません。

もちろん、エンジントラブル時などの対処はシミュレーターを使って練習はします。
しかしながら、何度も旅客機を操縦し、経験を積んであらゆることに対処出来るようになれば、人や貨物を安全に運ぶことができ、万が一のトラブルにも対処できます。