ゲームクリエイター

ゲーム制作に関わる人物

ゲームを1つ制作する場合でも、それはシナリオ制作・プログラム制作・サウンド制作などのゲームの中身に関わる部分と、宣伝の広告やパッケージデザインなど、ゲーム販促に関わる部分があります。
その中でもゲームの中身の制作に関わる人物をゲームクリエイターと言い、一言で言っても、プログラマーやデザインナーなどその職種はいくつもあるのです。

このためにゲームクリエイターとして仕事をしたいと考えても、何をしたいか決めないと、その道には進めません。
中にはゲーム制作会社で、営業や事務として働くような場合もあり、このような職種でも間接的にはゲーム制作に関われます。
そしてプロデューサーやディレクターなど、それぞれで仕事内容は違ってきます。

ゲーム制作を管理するプロデューサー、ゲーム進行状況を管理するディレクター、ゲームの内容を考えるプランナーなどの仕事もあり、多くの人が関わってゲームは作られていきます。

ゲームクリエイターになるためには

ゲームクリエイターは、仕事をする上では、特に必須の資格は必要ありません。
結論として言うと、実力や経験があれば仕事の出来る世界です。
ただ未経験で仕事を始めるとなると、やはりゲーム制作を出来るだけの実力があると証明出来ないとならず、多くの方は専門学校などで勉強して、ゲーム制作会社を目指します。

ただゲームと言っても、フリーゲームもあり、ゲーム制作ソフトも数多くあります。
ツクールシリーズや吉里吉里などのゲーム制作ソフトを使用し制作する、またはC言語などを勉強しゲームを制作するような人もいます。
そうしてまずはフリーゲームから制作を始め、作ったゲームが有名になりゲーム制作会社を運営したり、有料ゲームソフト制作をする人もいます。

しかしゲーム制作会社へ就職して、そこで仕事をしたいなら、音楽が作れる、デザイナーとして絵が描ける、ゲーム用のプログラムを作れるなどのスキルがないと、採用は難しいです。
また有名なゲーム制作会社となると、早稲田や慶応などの学歴も重視されます。

ゲームは新しいステージに進む

ゲームは日々進化し、そのハードも進化し、新しい機種が発売されていっています。
そうしてハード環境の変化によって、ゲーム内容も進化していっています。
最近はポリゴンなどを使用した3Dモデルは、ゲームでは普通に使われるようになり、ポリゴンのモデラーなども重要な職業となっています。

またVRなどのバーチャルリアリティーもゲームの中に取り入れられ、バーチャルリアリティー環境を作れる人材も重要となってきています。
またゲーム用プログラムでも、最近はネットワーク機能が発達しているので、ゲームが作れるだけでなく、ネットワークで繋げられる技術も求められてきています。