転職エージェントとは

人材を紹介する人

転職エージェントは、企業と求職者を繋げるアドバイザーであり、企業側から人材募集内容を受け取り、応募希望の求職者と面談しスキルや希望を聞き、マッチングを行ないます。
転職サイトは求職者が直接募集している企業に応募しますが、転職エージェントは、その間に入り、求職者のスキルなどを見ると同時に、応募の際の面接などのアドバイスも行い、採用されやすくするためにサポートもします。

企業にとっては、採用した人材の希望を伝えると、エージェントが適した人材を捜してくれます。
求職者は、エージェントから応募する企業の内容や待遇などの詳細を聞くことができ、より具体的にどのような会社なのかイメージがつかめます。

転職エージェントを企業が使用するとなると、報酬を支払わないとなりませんので、コストはかかります。
しかし長い目でみると、エージェントが間に入り、企業が欲しい人材を捜してくれますので、直接企業が募集し採用試験をするような場合よりも、コストが下がることもあり、希望する人材を捕まえやすいのです。

企業と求職者から見た場合

・企業

募集職種のニーズに合わせて、エージェントは求人票を作成します。
多くの場合は各業界の経験者がエージェントとなりますので、企業が求める人材をより具体的にイメージしやすいです。
そうして採用背景から人材のイメージまでを、企業担当者とよく打ち合わせして聞くことにより、認識のずれを解消し、企業の希望に近い人材を募集するのです。

そして求職者が応募をしてくると、その情報を企業に伝えます。
それによって、企業は書類選考の時点から具体的に、応募者のイメージを掴むことが出来、より具体的に採用選考を行えます。
応募者を採用するかどうかの判断は、もちろん企業が行なうのです。

・求職者

職務経歴書や履歴書をまずは作成していただき、エージェントが面談を行ないます。
面談ではこれまでの経験を元に、キャリアプランをキャリアアドバイザーが一緒に考えます。
そのうえで、最適な企業を紹介しますので、応募するかどうかを検討していただきます。
もちろん、紹介した企業は必ず応募しないといけない、ということはなく、応募するかどうかはじっくり考えてもらいます。

そして応募を決めたら、今度は書類作成へと進み、書類作成時の疑問点や不安点は、エージェントがサポートします。
書類選考をクリアし、面談へと進むようになると、面接への対策もエージェントがフォローします。

このようにして、転職エージェントは、応募企業の選択から、書類作成、面接と求職者が採用されるまでサポートするのです。
また一度企業選考に落ちた場合も、それで終わりでなく、エージェントは採用されるまで何度でもサポートしてくれます。