シェフ

料理することだけがシェフの仕事ではない

シェフと言ったら料理を作っているイメージがとてもあります。
シェフの仕事としてはもちろん料理を作ることが多いですが、実はそれ以外の仕事もあるので注意です。

シェフの仕事は他にも様々あります。
食材の選択、調理の段取りを決める、場合によってはお店の経営、皿洗い、ゴミ出しと様々なものがあります。
このように料理以外のことも案外多くあります。
特に料理人の人数が少ない場合はシェフ自ら様々なことをしていきますので、注意です。
ですから、逆を言えば料理人が増えればやることが減る場合もあります。

しかし、シェフのこだわるところは自分ですることが多いでしょう。
特に食材の選択などはかなり重要なところですので、シェフ自らすることが多いです。
その逆に人数がいるなら皿洗いや皮むき、ゴミ出しなどは他の料理人やスタッフに任せることが多いでしょう。

他にもシェフはプロですので、どこかに教えにいく場合もあります。
また、常に同じお店にいるとは限らない場合もあります。
それなりに技術と知名度があれば、様々なところに飛んで行くこともあるでしょう。

勤務先は多種多様の場所、海外もあり

シェフの勤務先は基本的にはお店ではありますが、上記でも説明したように知名度や技量によっては異なるところに行くことがあります。

まず、チェーン店があるならそのお店を周っていく場合もあります。
次に、有名であると海外にわざわざ行って料理をすることもあります。
と言っても、この段階になるには相当な力量が必要です。
また、テレビなどに出て料理を教えたり、教室に行ったりすることもあります。
あとは、料理人の卵となる生徒のところに行って料理を教えていく場合もあるでしょう。

このように様々なところに行き、料理をしていくシェフも少なくはありません。
そして様々なところに対応できる料理、そこにある食材を使用して出来るものを考えていく必要がありますので、相当頑張らないといけません。

発想力が重要且つ必須能力

シェフにとって発想力は非常に重要且つ必要能力となっています。
発想力が高くないと料理のレパートリーが増えません。
また、新しい料理というのを作ることが出来ないでしょう。
ですから、発想力はしっかりと付けておくようにしてください。

そのためにも知識も必要になります。
様々な料理を知り、どのような状態で使えるかを考えていくことで多くの料理を作ることが出来るでしょう。
故に、知識も必要になります。

料理をするところによっては、そこまで食材が無い、あるいは特定の食材しか無い場合もあることがあります。
そのようなときでもシェフとして発想力を使い料理をしないといけません。
どのように有名になってもそこはそこまで変わりません。

自分ができる技術を全て使って発想力を使い、最も適した料理を作りお客様に喜んでもらうためのものを作るのがシェフですので、技術や発想力などをつけていくようにしましょう。