WEBデザイナー

WEBの見た目を決めていくWEBデザイナーの仕事

現在インターネットを見ることをする人は日本でなら大体の人が見ることになるでしょう。
インターネットを使用して情報を獲得する人が多く、非常に使われるものです。
そんなインターネットの各ページにはデザインをした人がいます。
その中にはWEBデザイナーが製作したページも多く存在します。

WEBデザイナーとは、そのままの意味でWEB(インターネットのページ)をデザインする人のことを言います。
デザインは1から全てということもあれば、依頼した人の考えを元に作っていく場合もあります。
また、WEBのサイトに使う素材なども作ることがあります。

WEBデザイナーの仕事内容は、基本的にお客様の要望を元に作っていきます。
また、その後もサイトの管理などをすることもありますが、完全に監視することはほぼありません。
それとあまり多くないですが、WEBのデザインをする家庭で出てきたキャラクターなどのその後の製作なども依頼されることが極稀にありますが、基本的にはありません。

WEBデザイナーで間違ってはいけないこと

WEBデザイナーを目指す人によっては勘違いがある人がいます。
そのようなことを避けるためにも間違えについて理解してください。
それを説明していきますので、参考にしてください。

1つめにWEBデザイナーは人とのコミュニケーション能力が必要はないという点です。
たまにずっと部屋でサイト制作のみをしていくと思っている人がいますが、普通にコミュニケーション能力は必要な分野です。

仕事内容を聞くためにもコミュニケーション能力が必要です。
WEBデザイナーが考えたデザインを説明する時もコミュニケーション能力が必要になるでしょう。
ですから、コミュニケーション能力は必要になりますので注意です。

2つめ、絵を描けなくても良いという点です。
基本的には絵を描けた方が良く、デザイナーとしてはある程度必要なスキルでもあります。
依頼によっては自分で素材を制作しないといけない場合もあり、絵を描ける力が必要になります。
ですから、そのスキルを磨くようにしてください。

3つめにプログラミング能力が必要ないという点です。
WEB製作のソフトが販売されていますが、基本的にWEBデザイナーは使用しません。
もちろん、ある程度サポートしてくれるものを使用することがありますが、誰でも簡単にできるようなソフトは使わないでしょう。

故に、ある程度のプログラミングの知識などが必要になります。
と言っても、ソフトウエア開発やゲーム開発などのようながっちりしたプログラミング知識が必要と言うわけではないでしょう。
あくまでもWEB製作に必要なものだけで良いです。

このように必要なことがありますので、WEBデザイナーを目指すなら注意です。

新たな世界を見る

WEB常に進化していると言っても良いです。
1年離れるだけで大きく技術が向上しています。
ですから、新しい技術にしっかりとついていく必要があるので注意しましょう。

特にサイトを見やすくするための技術を獲得するようにしてください。
そして、依頼に対応できるようにしましょう。