医師

医師という仕事について

医師といえば診察をしてもらったり、手術をしてもらったりというイメージがあるでしょう。
確かにそれも医師の仕事ではありますが、実は他にも仕事の内容が様々あります。

まず、多くの人が知っている医師についてです。
この医師の名前としては、臨床医です。

臨床医とは、患者の状態を診察して病気の状態を調べていく人のことです。
科によって多少内容が異なりますが、これが一般的な臨床医の仕事内容です。
そして、科によっては手術や患者に処置などを行います。
一般的に知られている医師が臨床医となります。

そしてもう一つの医師の仕事が研究医です。
名前でなんとなくわかるかもしれませんが、研究医は研究している医師です。
簡単に説明してしまえば、病気に対して攻略方法を探すのが研究医の仕事です。

研究医の場合被験体などが居ないかぎりは患者の直接な診察は行いません。
しかし、未知の病気に対して研究をする際は例外として診察をすることがあります。
基本的に医師としての知識を使用して研究をしていきます。
人によっては大学で医療関係を教えている人も多くいます。

研究医だけが病気に対して研究をしているわけではないです。
臨床医も診療を行いから研究を並行で行うことが一般的ですが、研究医の場合広く研究をすることが多いです。

医師の種類について

医師は沢山います。
上記で説明したような2種類もあれば、その中も様々な医師がいます。
主に内科、外科、整形外科、小児科と言った定番のものや産婦人科や麻酔科、放射線科と言ったものもあります。
それぞれに医師がいますので、もしも医師を目指すならばどの科に行くかを考えて選択をするようにしてください。
それによって仕事内容が異なります。

あとは、どこで仕事をするかです。
病院によってどのような科があるかが異なります。
また、歯医者のような一個を専門としているところもありますので、どのような医師になりたいかを考えてください。

そして、ある意味では獣医も医師です。
そういった人間以外の医師もいるでしょう。

進むべき医師への道

医師がとても多くいます。
ですから医師の道が幾つもあり、方法もいくつもありますのでどのような道を進むかをしっかりと考えてください。

人間の医師になりたいならまずは大学にいくことです。
できるなら医大に言ったほうが良いですが、他にも様々な大学がありますので、そちらで勉強をして医師を目指すことも出来ます。

医師の勉強をしたら国家資格を獲得するようにしてください。
その際にどの医師になるかによって変わることがありますのでしっかりと確認するようにしてください。
資格を獲得することができれば、医師になる権利を獲得することができるので、自分が行きたいところを探していくようにしてください。
様々なところがあり、自分を高めることが出来るところがありますので、よく考えて仕事先をみつけるようにしてください。

医師として実力を付けて良い医師になっていくようにしてください。
1人でも増えることでもしかすると1人助かる人が増えるかもしれません。