看護師

看護師としての仕事

看護師はほとんどの人が知っている職業であり、それなりに人気の職業です。
その看護師の仕事について説明をしていきます。

看護師としての仕事は、血圧、体温、注射などの治療を補助する仕事を多くします。
また、食事を患者さんに与えたり、ベッドメイキングをしたりすることもあります。
患者さんが不便を感じることなく病院生活を送れるようにサポートするのが看護師の仕事であることが多いです。

他の仕事としては手術の補助です。
実際に看護師が手術をすることは出来ません。
ですから、手術の補助までで必要な機材を渡すなどの作業を行います。
また、手術の準備などもすることがありますので、器具など忘れないようにしないといけません。

看護師がどこで仕事をしているかによって仕事内容が異なります。
大きな病院で入院患者さんが沢山いるところなら最初に説明したような患者さんのサポートをすることが多くなりますが、小さい病院などの場合はどちらかと言うと医師のサポートを徹底することがあります。
ですから、場所によって仕事内容が多少異なりますので注意です。
故に、仕事先の選択によって仕事内容がことなりますのでよく考えて選択をするようにしてください。

どの看護師になるか

看護師と言っても実は幾つかの種類があります。
正看護師と准看護師、そして認定看護師、専門看護師という種類の資格があり、それぞれ特徴や役割が違います。
また、他にも外来看護師、病棟看護師、助産師、保健師などの種類もあります。
そしてそれぞれでなるための方法が異なりますので注意です。

看護師の種類によって出来る範囲や仕事内容が異なっていきます。
また、仕事先も種類によって異なりますので注意です。
それと資格のとり方も異なりますのでそこをしっかりと確認して自分が目標にする看護師になるようにしてください。

看護師の仕事は決して楽なものではない

看護師としての仕事は人によっては簡単に見えることがあるかもしれません。
しかし、実際のところ非常に大変な仕事と言っても良いでしょう。

仕事をする時間も様々あり、大きな病院になれば夜勤勤務などもあります。
また、頭を使うような仕事に見えて、意外なほど体力勝負な部分が多いです。
特に患者さんの診断によっては相当力がないとやっていけない場合もあります。
ですから、看護師としてやっていく場合はしっかりと身体を鍛えていくようにしてください。
そうしないと長く仕事をすることが出来ません。

また、勤め先によっては人間関係なども注意が必要になります。
人付き合いが上手く出来ないと相当こじれることがありますので注意しましょう。

しかし、実際悪いことばかりではありません。
看護師として仕事をしていき、患者さんが元気に退院していく姿をみることでやりがいが出てくることがあります。
大変ことが多くはありますが、人を助けるために仕事をすることができるので人によってはとても生きがいにすることが出来るでしょう。
ですから、頑張って看護師をやっていくようにしてください。