ウエディングプランナー

結婚をプロデュースするウエディングプランナーの仕事

結婚式は基本的にはそこまで多くしないものです。
そして、その結婚式をうまく成功させるためにいるのがウエディングプランナーという触手です。

ウエディングプランナーは簡単に言ってしまえば結婚を成功させるためにサポートをする人のことを言います。
あくまでも結婚の状態を決めるのは結婚式の主役たる新郎と新婦です。
しかし、結婚式が初めてという人がほとんどですし、どのようにすればよいかわかりません。
ですから、その結婚をうまく行かせるためにウエディングプランナーがサポートをしていくのです。

サポート方法は話を聞いてどのような結婚式にしていくか、前例などを使って決めるなどのやり方で決めていきます。
出来る範囲でできることを探り、より良い結婚式に出来るようにしていきます。
場合によっては費用内に抑えるための方法などを考えていきます。
トラブル無く結婚式を行えるようにすることもウエディングプランナーの仕事ですので、結婚式のためにもしっかりと用意をしていきます。

ウエディングプランナーの仕事場は専門の勤務地であったり、ホテル、レストラであったりと様々あります。
基本的にはどこも同じで、そこに来たお客様の話を聞いて決めていきます。

ウエディングプランナーとしての流れについて

ウエディングプランナーとして結婚式を提供する時に3つの流れがあります。
それが提案と営業、結婚式の事前準備、結婚式の当日という3つの流れになり、これらの作業をしていきます。
それぞれですることが多くありますので、当日の結婚式を成功させるためにもしっかりとウエディングプランナーとして仕事をしていくことになります。

提案と営業ですが、こちらは簡単に説明するとお客様が自社と結婚式をやっていくかの判断の工程です。
できるだけお客様に自社のプランナーとしての能力を説明していき、使ってもらうように宣伝をしていきます。
必ずしも使ってくれるわけではないので、これがとても重要な場面でしょう。

次に事前準備です。
これは言葉でなんとなくわかるとは思いますが、結婚式までの事前準備に関することをサポートしていく段階です。
当日にどのような結婚式をしたいかを決めていきます。
ドレスや料理、式場のレイアウトなど様々なことを事細かに決めていきます。

理想的な結婚式にしたいならこの事前準備を綿密にやっていく必要がありますので、プランナーとして頑張りどころでしょう。
また、発注するところの選択もありますので、とても重要なところです。
事前準備が失敗すると結婚式自体が悪くなりますので注意です。

そして結婚式の当時ですが、これはそのまま結婚式の準備と進行、トラブル回避などをしていくことになります。
無事に結婚式が終わるようにウエディングプランナーとしての頑張らないといけません。
同時にこれまでの集大成ですから、プランナーとして一番感動するところでしょう。

当日までの流れはこのようになっています。
トラブルなどを出来るだけしないようにウエディングプランナーとして仕事をしていきましょう。