ツアーコンダクター 

ツアーコンダクターの仕事内容について

ツアーコンダクターとは、簡単に言ってしまえば案内をする人のことを言います。
添乗員という方がわかる人が多いとは思いますが、要するにバスガイドなどをしている人のような仕事をする人です。

基本的な仕事としては、ツアー内の説明をしていく仕事で様々なところの紹介などをしていきます。
それ故に様々なところの知識を必要とします。
事前の情報獲得なども仕事のうちなのでしっかりと獲得してツアーコンダクターとして仕事をしていくようにしてください。

ツアーコンダクターは所属しているところでやる場合もあれば、派遣やフリーランスで行っていく場合もあります。
ですから、もしもツアーコンダクターを目指すならどのような形態で仕事をしていくかを考えて選択をするようにしてください。
それによってはやり方が異なります。
ただし、フリーランスなどはそれなりに技術と知名度が必要になりますのでかなり大変な面がありますので、どうするべきかを考えて選ぶようにしましょう。

ツアーコンダクターになるためにも資格が必要になります。
「旅程管理主任者」の資格が必要になります。
「国内旅程管理主任」と「総合旅程管理主任」というのがありますので、どちら、あるいはどちらも獲得する場合はしっかりと資格を獲得するようにしてください。

旅行を一緒に楽しめる

ツアーコンダクターの仕事はお客様と旅をしてそれを紹介していくものです。
ですから、旅行をお客様と一緒に楽しむことが出来ます。
あくまでも仕事ではありますが、ツアーコンダクターになることで様々なところを旅することが出来る場合がありますので、旅好きの人にはとても良い仕事になるかもしれません。

しかし、ツアーコンダクターは誰でもなれるものではないため、その点に注意が必要です。
特にお客様を統率する力や紹介するための知識などが必要になりますので注意です。
実際それなりに技術が無いとツアーコンダクターとしてうまく仕事をすることが出来ないので注意です。

しかし、海外旅行のツアーコンダクターになることで多くの海外旅行をすることが出来ます。
様々なところを行くことができるので良いでしょう。
ただし、最近は治安が悪い部分もありますので注意が必要です。
基本的には安全なところを行くことになりますが、トラブルなども発生することがありますので注意です。

ツアーコンダクターとして必要なこと

ツアーコンダクターになるために必要なものはこのようなものがあります。
その必要なものがないと少々仕事が難しくなります。
ですから、自分が持っているかを確認するようにしてください。

まず、旅を好きであることです。
旅好きでないと説明もうまくなりません。
それに注目するところを理解することもできるので、旅好きが良いです。

次に冷静さがあることです。
ツアーコンダクターをしているとそれなりにトラブルなどが発生します。
それに冷静に対処出来るようにしないといけませんので、冷製でいられるようにしてください。

次に統率があることです。
お客様ではありますが、ツアーなどの進行をスムーズにするためにも統率が取れないといけません。
これが悪いとお客様はいろいろなところに行き、トラブルになることになりますので注意です。

そしてこのツアーコンダクターが好きになることが出来る人です。
正直なところツアーコンダクターは過酷です。
体力勝負ですし、いろいろなお客様を相手にしないといけません。
ですから、好きでないとすぐに仕事を辞めたくなりますので注意です。

あとは、言語力などや調べ物をしっかりと獲得する知識や探し術も必要になる場合があるでしょう。