フレンドリー面接官の対策法

就職活動では必ず面接試験があります。
そして面接といっても、いろいろな面接官がいます。
もし面接官がフレンドリーな方だった場合、フレンドリーに対応してもいいのでしょうか。

フレンドリーな面接官に対する話し方

相手がフレンドリーに話してくれるのは、あなたの緊張をほぐすためです。
あなたが緊張していたら、自分の力を存分に発揮できません。
面接官はあなたの本当の姿、あなたの本当の実力を知りたいと思っているのです。
ですから、できるだけ自然体で話せるように緊張をほぐしましょう。

面接官がフレンドリーに話かけてくれば、あなたもある程度くだけた話し方をしてもいいでしょう。
しかし、敬意は大切です。
以前、上司からみてどんな部下がいいかという調査に対して、敬意を表すことのできる部下がいいという上司が多くいました。
面接で、ある程度リラックスした話し方をしてもいいとはいえ、敬意を抱いた話し方は大切です。

リラックスした話し方と友達に話す話し方とは違います。
敬意を抱いた話し方というのは、少なくとも「です、ます調」で話しましょう。
「です、ます調」を使いつつ自然体で話すのです。

一方ずっと丁寧すぎる話し方をしていると、堅苦しい、会社に打ち解けにくいというイメージを面接官に与えてしまうかもしれません。
特に営業職を希望しているなら、どんな相手であってもリラックスさせなければなりません。
堅苦しい話し方しかできないのではこまります。
ある程度リラックスした話し方をすることも大切なのです。

フレンドリーな面接官に接するときのポイント

どんな面接官であっても、敬意は忘れないようにしましょう。
目上の人に対する敬意を表すというのは、急にはできません。
普段から、目上の人と話すときには言葉遣いなど気を付けましょう。

言葉遣いも大切ですが、フレンドリーな面接官はあなたが自然体で話してほしいと思っています。
肩の力を抜いて、自然に話すようにしましょう。
そうすれば、敬語であっても堅苦しくなく、面接官との距離は縮まります。

フレンドリーな面接官であっても、気を抜くことなく面接に臨みましょう。
気を抜いて前職の愚痴をだらだらと言ってしまった、など言ってはいけないことをだらだらと言ってしまったという失敗談もあります。

面接は面接官とのコミュニケーションタイムです。
ただのおしゃべりタイムではありません。
面接官は、常にあなたを評価しています。
会話のキャッチボールがリズムよくいってこそ面接官も気持ちよく面接できるというものです。

面接官がどんな人であっても、気を引き締め面接であることをわきまえておきましょう。
フレンドリーな面接官であれば、できるだけ自然に話すようにしつつ、しかし敬意、誠実さを表すように心がけましょう。