失敗談

面接で失敗してしまったという経験はたくさんあるものです。
他人の失敗から、教訓を得ましょう。

もっと下調べをしておくべきでした

最初の面接で、何も考えずに面接に行きました。
当然、面接官に質問されても何も答えることができませんでした。

営業職だと思って応募しましたが、話が進んでいくうちに自分の思っていたものとは少し違うことに気づき、話が食い違ったまま面接は終了しました。
応募企業、応募職種についてきちんと事前に調べておくべきでした。

面接官に「最後に何か一言ありませんか」と言われ、「ずっと、貴社の○○がすきでした」と答えたら、「そんなのうちにあったっけ」と言われてしまった。
私がブランド名を勘違いしていることにあとで気づきました。

口が滑ってしまいました

学生ベンチャーから大きくなった企業に面接にいった時のことです。
小さな学生ベンチャーから大きくなったことに共感を覚えたことが言いたくて、大企業は嫌いだと言ったら、うちは大企業ではないのかと切り返されました。
私は大企業ではないと思いますと言ったら、落ちました。

面接は順調にすすも、緊張もほぐれたころ前職の話題になりました。
面接官の人のよさにつられて、つい愚痴のような話をグタグタとしてしまいました。
結果は不採用でした。

1社目の面接で、部長クラスの方との面接も順調にすすみ、現場社員の方とバトンタッチ。
最後に採用の話がでたとき、1社目で決めてしまうことに一瞬ためらってしまい、正直にもう少し他も見てみたいといってしまいました。
1週間後不採用の通知が気ました。

遅刻してしまいました

面接当日、道に迷ってしまいました。
地図もなく、電話番号もわからず、着信履歴から見つけて電話したら本社にかかってしまいました。
やっとの思いで、面接会場の電話を聞いて電話をしました。
その時点ですでに面接時間は過ぎていました。

前日、面接会場の地図もプリントアウトし準備万端のはずだったのですが。
プリントアウトした紙に面接会場がおさまっていなくてとても焦りました。
急いで駅に行って面接会場を確認しました。

マナー違反

鞄を椅子の上に置いたら、下に置くものだと面接官にやさしく教えていただきました。
面接で履歴書を出そうとしたとき、ピンクのマニキュアをしていることに気づきました。
そのことで気が動転してしまい、質問にきちんと答えることができませんでした。

面接の前日まで、髪は茶色のまま。
あわててスプレーで黒に染めましたが、当日雨で少しづつ色が落ちてきてしまい、服の襟まで黒くなってしまいました。
結局、面接もキャンセルしました。

面接に、違う企業にだすはずの履歴書をもっていってしまいました。
さすがにそれを出すわけにはいかないと思って、面接をキャンセルしました。