持ち物

企業の面接に行くとき、何をもっていけばいいでしょうか。
面接のときにもっていかなければならないもの、もっていけば便利なものを紹介します。

書類や筆記用具、会社のパンフレットなどを入れるために、A4サイズが入る鞄が適しています。
色は派手でなければいいですが、一般のビジネス鞄は黒です。
面接時、鞄を椅子の横に置くこともあるので、もたれさせずに立つものを選ぶといいでしょう。

透明のファイルなどに入れて直接持ち歩くことはやめ、鞄に入れるようにしましょう。
革製、ナイロン製と素材もいろいろありますが、どちらでも構いません。

もっていくもの

エントリーシート。
履歴書またはエントリーシートのコピーを持参します。
最近ではネットからエントリーする企業も増えています。
あらかじめ印刷し、鞄の中に入れておきましょう。

メモ帳。
面接会場で企業に関する詳しい話をするところもあります。
言われたことは、なんでもメモする癖をつけましょう。

たとえ、言われたことを暗記する自信があったとしても、仕事を始めれば記録を残すことが大切になります。
仕事に対する態度をアピールすることもできます。

筆記用具。
メモ帳にメモするときにも必要ですし、面接前に記入する書類などがあるかもしれません。
ボールペン、えんぴつ、消しゴムといったものは最低限もっていきましょう。

印鑑。
書類を書いたりしたときに必要かもしれません。
念のために持参しておきましょう。

時計。
最近では携帯電話を持ち歩くため時計をもっていない人も少なくありません。
正式な場では腕時計のほうがいいので、ビジネス用の時計をもっておくほうがいいでしょう。

ストッキングの替え。
せっかく全身がきまっているのにストッキングが破れてしまったら、どうしようもありません。
最近ではコンビニでも売っていますが、コンビニが近くにないかもしれませんので、慌てなくてもいいように替えをもっておくといいでしょう。

ブラシ。
女性はもちろんのこと、男性も面接前にはトイレで髪を整えましょう。
風が吹いてバサバサのまま面接にのぞむことがないようにしましょう。

そのほか、地図、傘など必要であれば持参します。
携帯電話は、何か特別な事情で遅刻しそうなときなど緊急の場合に必要です。
充電もしっかりしておきましょう。

応募企業先の住所、電話番号のメモはすぐに鞄から出せるところに入れておきましょう。
企業のプロフィールなどが書いたものもインターネットに出ているのであれば印刷し、もっていくといいでしょう。

全体的に

鞄に持ち物を入れるときには、整理整頓してなんでもすぐに出せるようにしておきましょう。
中の様子は、その人の整理整頓できるかどうかを見極める一つの要素となります。
面接官に直接見られることはないだろうと気を抜かないようにしましょう。
また緊張すると、鞄のなかにあるはずのものまで探せなくなることがあります。

鞄の中は、あまり不必要なものは入れず大事なものがすぐに出せるようにしておきましょう。
どこに何を入れるのかも自分でしっかり覚えておき、急いでいるからと言って適当に鞄のなかに入れることはやめましょう。