女性の服装

今の社会では、以前よりも個性を尊重するようになってきましたが、面接試験の服装ではどの程度個性を出してもいいのでしょうか。
面接においての女性の服装について説明します。

服装

アパレル関係やデザイン関係といったクリエイティブな職業を除いて、一般的な職業ではスーツを着用します。
クリエイティブな仕事の場合は、センスをアピールできる機会となりますので、自分らしさを出した、清潔感のある服装をしてもいいでしょう。

スーツに関しては、黒や紺、グレー系と言ったものが一般的です。
黒や紺と言った色は、知的なイメージを与えますし、ベージュ系などの薄い色ですと、やさしいイメージになります。
応募企業がどのような職種か、募集しているのはどのような人材かによって決めることもできます。
自分に合った色というものもありますので、自分にあった色がわからない人は周りに聞いて決めてもいいでしょう。

明るすぎる色や、個性的と周りから言われるようなスーツは避けたほうがいいでしょう。
ボタンは1つボタンから3つボタンまでいろいろありますが、自分にあったものでいいでしょう。

ボトムスは、スカートが一般的ですが最近ではパンツの人も増えてきました。
応募職種が営業職など活動的な職種であればパンツでもいいでしょう。
事務職、秘書、受付と言った職種であればスカートで、女性らしさを出すほうがいいと言えます。

スカートは、立った時にひざが隠れる程度で、極端なスリットの入ったものは避けて下さい。
ズボンであれば、ベルトをしてもしなくてもどちらでも良いでしょう。
ベルトをするのであれば、シンプルであまりベルトが強調されないものを選びます。
女性のシャツの襟は、出しても出さなくてもどちらでもいいでしょう。

シンプルなパンプスが一般的です。
普段あまり高いヒールをはいていないのに、面接のとき高いヒールを履くと面接官はとても違和感を感じます。
普段からあまり高いヒールを履きなれていないのなら、無理をせず低いヒールの靴で行きましょう。

歩いた時にコツコツと大きな音がするようなハイヒールは避けましょう。
よごれている靴はもちろん、履き古したと一目でわかる靴は清潔感を与えません。
高価な靴でなくてもいいですが、清潔感のでる靴を履きましょう。
サンダル、ミュール、冬ならブーツも避けましょう。

ストッキング

ストッキングは、無地の肌に近い色を選びます。
ラメ入り、柄物も避けたほうがいいでしょう。
タイツよりもストッキングのほうが、スーツを際立たせます。
出来れば、冬であってもストッキングを履くほうが良い印象を与えます。

全体的に

面接では、清潔感、誠実さが表せる服を選びます。
あまりに個性的な服は避けましょう。
自分の長所は面接の中でアピールしていきましょう。