男性の服装

面接に行くにあたってまず服装を考えなければなりません。
一般な職業ではあまり個性的なものは避けたほうがいいでしょう。
ここではまず一般的な服装とはどのようなものか説明します。

服装

一般的な面接のときの服装は、スーツです。
スーツは、黒や紺、グレー系と言った色を選びます。
派手な色、またストライプなどの模様は避けます。

2つボタン、3つボタンどちらでも構いませんが、ダブルのスーツは避けたほういいでしょう。
スーツの一番したのボタンはとめないで着用します。

ワイシャツは白色が一般的ですが、最近では淡い色ものも増えてきています。
清潔感があるものであれば淡い色物でも構いません。
淡いブルーは清潔感を感じることができ、見た目の印象もいいものになります。

また、ワイシャツの下にはそのまま裸ではいけません。
白で無地のアンダーシャツを着ていたほうがいいでしょう。
なぜならばシャツで素肌が透けているのは社会人としてふさわしくありません。
そして汗をかいたときにワイシャツが肌に張り付いてしまうのはみっともないからです。

シャツの下にアンダーシャツを着る場合、色物や模様のあるものは避けましょう。
なぜならシャツから透けて見えてしまいマナー上あまり好ましくはありません。

ネクタイなどの付属物

基本的にはスーツに合わせてネクタイを選びます。
ネクタイはストライプや小さめの水玉などあまり派手でないものがいいでしょう。

ベルトは靴の色に合わせ、バックルもシンプルなものを選びます。
布製などカジュアル的なものは避けます。
使い古したものなどは清潔感がないので、ひび割れたものなどはやめましょう。

靴下は、黒や紺、ダークグレーなど暗めの色を選びます。
白色や派手な色の靴下はカジュアルな感じがするので避けます。
長さも短すぎて足首がズボンの間から見えてしまうようなものは避けましょう。

靴は、黒の革靴を履きましょう。
ブーツ、スニーカーと言ったものは避けます。
革靴といっても、ローファーやスリッポンといったものも避けましょう。

全体的に

面接では、服装、持ち物は清潔感のあるものを選びましょう。
ブランド品など高価なものを持つ必要はありません。
使い古した鞄、ヨレヨレのスーツなどは清潔感がありません。
定期的にクリーニングに出し、シャキッとしたイメージをだしましょう。

面接官は、靴やかばんと言った小さなところを見ています。
あまり奇抜なものは、個性を強調し協調性に欠ける傾向がある人だというイメージを与える可能性があります。
スーツとあまりにアンバランスだと、小さなところに目の行き届かない人だというイメージを与えてしまいます。
協調性があり、小さなところにも目の行き届く人であることをアピールするためにも、あまり個性的なものをさけ、清潔感のあるセンスのいい服、服飾雑貨を選びましょう。