マナー

質問される内容を考えておいたり、自己紹介、志望動機などを考えるのは当然ですが、それ以前に面接時のマナーはとても大切です。
基本的なマナーが守られていないと、第一印象も悪くなり採用される可能性は少なくなってしまいます。
面接時にきを付けなけれならないマナーにはどのようなものがあるでしょうか。

面接前に気を付けるべきマナー

遅刻する。
社会人として約束を守るというのは最低限のマナーです。
渋滞など予期せぬことも起きることを想定して、早めに行動しましょう。
交通機関などの影響などでやむを得ず遅刻する場合には、必ず電話を入れましょう。

早く到着しすぎる。
前もって到着するのはいいのですが、あまりにも早すぎると会社に迷惑をかけることになりかねません。
あまりに早く到着しすぎたら、近くで時間をつぶしてから会社へ行きましょう。

においに関して。
お昼ににおいのきついものを食べることも考えものです。
会話のマナーとして、口臭には気を付けましょう。

日本では特に、においに対して敏感な人が多いので、面接前に食べるものは気を付けましょう。
また、香水もあまりきついものは避けましょう。

面接が始まってから気を付けるべきマナー

あいさつをするとき、顔を面接官のほうにむけなかったり、まったく目を合わせなかったりすると失礼な印象を与えます。
また、自信のなさも漂わせてしまい、小さな声も面接官にいい印象を与えません。
あいさつは、ハキハキと、部屋の広さにふさわしい声の大きさでしましょう。

退室時のあいさつも大切です。
最後まで気を抜かずにあいさつをしましょう。

面接時の動作でも気をつけたいことはあります。
貧乏ゆすりの癖のある人は気を付けましょう。
髪や顔をよく触る癖のある人も、無意識のうちの触ってしまうので普段から注意しておきましょう。

表情も大切です。
自然な笑顔を鏡で練習しておきましょう。

言葉遣い。
敬語、丁寧語を普段使い慣れているかどうかは面接官にもわかります。
状況に応じて敬語や丁寧語を自然に使えるように練習しておきましょう。
語尾を伸ばす話す話し方は避けましょう。

話し方に関して、話すときにはゆっくりはっきりと話しましょう。
紋切り型の返答では会話が続きません。
また、長々した話もコミュニケーション能力を疑われます。
ふさわしい長さで返答しましょう。

聞き方も大切なコミュニケーションの一つです。
面接官の質問を遮るなんてことはもってのほか。
最後までしっかり聞きましょう。

グループ面接では、ほかの人が話すときにもしっかりと耳を傾けましょう。
自分の話すことばかり考えていると、それが面接官にも伝わります。

面接時のマナーといっても、特別なことはあまりありません。
普段から社会人としてのマナーを気をつけていれば問題ないでしょう。