よく聞かれる質問

面接官に聞かれる質問には、必ず面接官の意図があります。
質問の意図をつかみ、的確に回答することが大切です。
面接でよく聞かれる質問と、面接官の意図、また回答する際の注意点をご紹介します。

自分をアピール

「自己紹介をしてください」
面接官は、第一印象、コミュニケーション能力、アピール力を見極めています。
自分の氏名を名乗ったあと、30秒から1分程度で自分の経験、応募企業で自分がどのように役立つかを簡潔に語ることが大切です。

面接官の聞きたいことはあくまで仕事に関する自己紹介です。
表情、語調などもチェックしているので、明るくハキハキと答えましょう。

「あなたの長所、短所は何だと思いますか」
長所は、具体的な事例を簡潔に述べることで面接官に印象に残るようにしましょう。
短所は、これからの業務に差支えないかどうか、自社で仲間とうまくやっていけるかを見極めています。

これからの業務に差支えがある印象を与えるものは避けましょう。
短所を述べるときには、これからどのように改善するつもりかまで述べると効果的です。

応募企業に対するあなたの思い入れ

「当社の応募理由はなんですか」
面接官は、あなたのキャリアプラン、自社への理解度、意気込みなどを見極めています。
今までの経験をどのように生かして、応募企業へ貢献したいのかを考えて志望動機を考えましょう。

応募企業の特徴、また求めている人材はどのようなものかを把握していなければ、的確な志望動機を話すことはできません。
企業視線で、自分をアピールできる志望動機を考えましょう。

「当社があなたを採用した時のメリットは何ですか」
転職組に求められるのは、即戦力です。
あなたの強みと、企業が今求めている人材がマッチしているかを見極めています。

今までの自分の経験が、応募企業でどのように役立つのか、自分の長所をどのように応募企業で役立つのかを前もって見極めておくことが必要です。
具体的な数字を含めた具体例を挙げていうと、相手に印象づけることができます。

前職について

「前職をなぜ退職したのですか」
面接官は、前職を退職した理由が何かによって、自社でも同様の問題が起きないかどうかを見極めています。
どのような理由で退職にしたとしても、現在はポジティブに将来を考えていることを主張しましょう。
たとえ、倒産などの不本意な理由でやめなければならなかったとしても、今は、その機会を生かしてどのようなプランがあるかを回答しましょう。

「今までの仕事の不満な点はなんですか」
面接官はこの質問から、問題改善能力を見極めようとしています。
自分の不満をどのように改善しようとしてきたかを評価します。

前職の不満点が、応募企業にも該当するなら、採用されることは難しくなります。
応募企業についての前もっての調査が必要です。