メディカル系の転職動向

■メディカル系の仕事
メディカル系の仕事と聞いてもいまいちどのような職種なのかピンとこない方もいるかもしれません。
メディカル系とは、主に医療従事者や、介護福祉者のことを指し、医師や看護師など医療現場での臨床にかかわる職種から実際の医療行為を行わないまでも、医療分野に携わる職種のことを表しています。
このため、具体的には医療事務や病棟管理、臨床試験のモニターおよびその管理、MRなどをあげることができます。

これらは、行う業務はそれほど専門的な物ではありませんが、専門的な知識を求められることや、特殊な書類を書くことになることもあり、さらにそれが人の命や健康にかかわることがあるために、資格試験を設けられている場合もあります。

また、メディカル系の多くの職種で医薬品を扱ったり医療関係の書類を作ることになります。この際に、資格を取るときに必要とされなかったような知識も求められることがあるため、就職してからも勉強をすることを求められることもあります。

■メディカル系ワークの例
昨今、知名度が上がってきている職種にMRがあります。
MRとは日本語に直すと医薬情報担当者という名前になり、その名の通り、医療従事者を訪問して、医薬品の適正な仕様を指導することや、医薬品の品質や安全性などについて情報の提供などを行うことを主な業務としています。

そのため、製薬会社の営業担当のような業務を行うことになりますが、実際には情報収集やそれをもとにした製品開発に主眼が置かれたもので、売上を第一に考えるというわけではありません。
また、MR認定試験もありますが、この試験を合格していなければならないわけでもなく、MRとしての仕事をこなしながら経験を積むこともできます。

勿論、メディカル系の仕事としては、医師もあげることができます。
医師は病院に勤務することがほとんどですが、自分で開業をしたり大学病院で研究を主に行ったりとその仕事内容も様々なものです。
その他にも、看護師や薬剤師など国家資格の取得が必要な仕事もあるため、これらの職業に就きたいと考える場合には法定の学校に通い試験を通過しなければなりません。

■メディカル系の職種の転職
メディカル系の仕事に関する求人は、現在も増加傾向にあります。
特に日本では少子高齢化が急激に進んだことや、特に地方において医師不足に悩まされているという現状があります。
このため、医療専門の求人サイトも多くあり、中には高待遇の案件も多く見つけることができます。

また、医師の場合には研修医制度が変わったことによって、医局を気にすることなく転職を行えるようになってきてもいます。
地方に出て病院に勤務することや、より自分のやりたい環境にあった職場で働くことができるようになりました。

他業界からの転職も無資格であっても付ける職業は多くあるため、メディカル系への転職も選択肢として選ぶことができるようになってきています。
福利厚生や、待遇も優れた所が多いため、一度就職してしまえば、安定して働くことができる点もメリットとなるでしょう。