営業マンの転職

■様々な職種
一つの企業の中には様々な事業や、それを円滑に進めるための業務があります。
一般的に、メーカーの場合には部品を作るための原料を調達するところから、様々な部品を製造し、それらを組み立てて出荷が可能な状態にしたあとに、その在庫を売るための営業があり、またそれを支えるための販促として広告があります。
この工程の中には実に様々な仕事をしている人が関わっており、広告を行うためにも、映像を作る人や出版物を作る人、キャッチコピーを考える人など、世の中にはたくさんの職種があることが分かります。

そして、これらの質が高ければ高いほど、その会社の製品は売れやすくなることは間違いなく、一方でどの事業や職種についても優秀な人材を揃えるというのは難しくなります。
そのため、現在では、業種として専門的な会社が存在しており仕事を受注して、その会社に蓄積されたノウハウなどをもとに形にして提供するというBtoB型のビジネスも盛んに行われています。

これは、これからもさらに増えていくことが予想されます。
特に、IT関係の目覚ましい発達によって必要な知識や技能というものが次々に生み出されていたり、医療分野でも新しい治療法の確立や、インフラにおいても革新的技術の登場など、人が就労することになる職業は尽きることがないでしょう。

■営業という仕事
様々な職種が増える一方で必要がなくなってきている職種や、もう無くなってしまったような職種もあります。
例えば、電話をかけるのにも、当初はターミナルに交換手と呼ばれる電話から電話へと取り次ぎを行う人の存在が必要で交換手という仕事がありましたが、現在は自動化されたために必要がなくなりました。
それ以外にも、ガス灯をつけるひとや、改札口で切符をチェックする人なども自動化によって現在は機械で行うようになりました。

しかし、そんな中でも消えなかった職種が営業です。
営業とは、製品やサービスを顧客に売り込みに行くことが仕事であり、利益に直接かかわる分野となります。
このため、どのような企業でも必ず営業部は存在し、営業成績によって給与が変わることも一般的です。

その特徴は、どの会社でも必要な能力が変わらない点にあります。
自社の製品やサービスを理解してもらい、購買意欲を上げさせ、契約にこぎつけるために、コミュニケーション能力や、営業を行う相手を選ぶためのマーケティング能力など、どの企業でも根本的に必要な能力は変わることがありません。
また、特殊な技能を必要としないため、文系の学生が就職した際に選ぶ職種ということも多いです。

転職についても、上記のように会社ごとに方法が違うことや身につけなければならない技術が大きく買わないために、比較的転職がしやすい職種だと言えます。
そのため、違う業界に転職することや、キャリアアップを狙って転職を行うこともでき、柔軟性が高いワークライフスタイルを構築することができます。
その一方で、転職市場も大きく倍率が高くなる場合もありますので注意が必要です。