インターネット業界の転職動向

■インターネット業界について
インターネット業界とは、IT革命が声高に叫ばれ、日本ではネットバブルと呼ばれるインターネットを用いたサービスを提供する会社が乱立していった2000年前前後から発達をしてきた業界を指します。
そのため、実際の事業内容での業界の分け方ではなく、「インターネットを使って、事業を行う」ということが条件となります。
この中でも、インターネットの特性を活かした、情報提供サイトや現在ではポータルサイトと呼ばれる、特定のジャンルの情報について集約し、サイト内検索などで、必要な情報を手に入れることができるサイトを運営している会社が主なインターネット業界の会社として知られています。

展開されるサービスは、情報提供だけにとどまらず、ショッピングサイトや動画ポータルサイト、ゲームなど非常に幅が広くなっています。
特に、SNSと呼ばれるインターネットの水平方向への繋がる力を利用したコミュニケーションツールは今や人の生活と密接にかかわるものへと変化してきており、Eメールなどのやりとりにインターネット回線を使うものではなく、インターネットの中でコミュニケーションを完結させることが2000年代半ばごろから可能となりました。

現在では、インターネットで利用ができるサービスが増えたことや、法整備が進んできたことから、インターネット業界さらに活性化をしています。
リーマンショックに端を発した世界的経済危機の状況にあっても、木の業界だけは成長を記録し続けており、現在は、インターネットを扱える端末が多くなり、それによる変化も表れています。
特に、スマートフォンやモバイルタブレットをはじめとした、インターネットを利用することがより身近になる端末の登場によって、これまでのパソコンを主なプラットフォームと据えていたインターネット業界は、それぞれにあったサービスの開発や、企画を打ち出してきており、今後も大きな発展があることが予想されます。

■インターネット業界で働く
インターネット業界がまだその可能性について模索している時期には、その業界で働く人の大半がプログラマーやエンジニアであり、システムの開発やサービスの仕組みを整えることがメインでした。
しかし、近年になってその可能性がさらに広がってくるとプログラマーだけでなく、企画や営業を主に行う人も多くなり、今では、一つのIT企業の中に様々な仕事を行う人がいます。
そのため、一見専門的な知識と技術が求められるような企業に感じられる業界ですが、通常の企業と変わらないような役割を担う人材の募集も行っており、様々な業界からIT業界へと転職するチャンスも多いです。

特に、今はスマートフォンの普及により、より広い層の人がインターネットを活用したサービスを利用するようになっており、今後も趣向を凝らしたサービスの展開が業界に求められています。
その企画者となることや、マーケティングを調査する営業など、自身の能力が活かされる会社を見つけることも容易でしょう。