ANA

■優良企業のイメージが強い企業
ANAという略称で知られる、全日本空輸は「新卒者就職したいランキング」や「転職先として選びたい企業」として上位に毎年ランクインをしている優良企業として知られています。
その理由は、様々な場所に人や物を運び、国際職の強い職場であることや、障がい者雇用や外国人スタッフなども高待遇で雇用しているという実績から、社内イメージが非常に良いことが挙げられます。

企業イメージもさることながら、空を飛び、様々な国で人に貢献するという仕事は、やりがいがあるのは勿論でしょう。
それだけでなくそのために、営業として物資の確保や新しい空路の開拓など、その華やかな仕事からは離れた部分で、働く人にとってもANAで働くということにプライドを持つという人も少なくないようです。
物流会社としての側面も持っている空輸会社は、新規参入が難しい業界だともされており、今後も安定して働くことができる点や、子会社などを含めて包括的な事業展開を行っている点が優良企業として選ばれる一因になっているのだと考えられます。

■ANAについて
線日本空輸は、イギリスの空輸会社のサービス調査を行っている会社であるスカイトラックス社が格付けランクでは、実質的な最高評価である「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」という5つ星認定を受けている、空輸業界でも世界的な実績を誇る会社です。
サービスは、様々なクラスのシート分けや、用途に応じて使い分けることができるブースなど、利用者に合わせた改良が短期間に行われていることで知られています。
現在では、プレミアムクラスファーストクラスにおける機内食の充実や、航行時の快適さは、世界でもトップクラスと呼ばれるもので、ストレスを感じさせない旅が可能となっています。

もともとは、戦後にGHQが日本国籍の航空機禁止について解除がされたときに設立された日本ヘリコプター輸送株式会社と極東航空株式会社が統合してできた会社です。
当初から国内最大の路線数を誇る航空会社として運営されてきました。

その後、高度経済成長期では国内路線の拡張、増強を行うとともに、需要が増えたために、国際線の運行開始や最新鋭機の導入によって大量の輸送が可能になるようになりました。
また、同時に航空会社もいくつか吸収合併などを通して経営基盤を大きくし、1979年には世界第6位の航空会社となります。

現在では、LCCの普及に伴い、より洗練されたサービスや信頼性の高い空輸手段としてANAのブランドイメージを固めることを社内スローガンにしており、そのために、様々なサービスを新規で展開しています。

■ANAで働く
あこがれの仕事として、取り上げられることの多い客室乗務員の仕事や、ターミナルなどでの業務は、高い接客技術やサービスを提供するための心構えが必要で、社員教育も厳しいものだとして知られています。
反面、福利厚生は安定しており、航空会社ならではの社員優待制度などを利用して、長期休暇に旅行にでかけることもできます。